>  >  > 『アニサマ 2018』発表会見

i☆Ris、伊藤美来、内田真礼、内田彩ら『アニサマ 2018』会見に登壇 テーマ曲は唐沢美帆×神前 暁

関連タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 3月24日に東京ビッグサイトで行われた『AnimeJapan 2018』にて、アニメソングの一大イベント『Animelo Summer Live 2018』の記者発表会が行われた。

 会見冒頭、司会の鷲崎 健が8月24日、8月25日、8月26日の3日間、さいたまスーパーアリーナでイベントを開催するとアナウンス。その後、同イベントのゼネラルプロデューサー・齋藤光二氏が登壇。各年にはテーマが設定されているが、今年は“OK!”であることが齋藤の口から明かされ、その理由について「日本人が一番多用する英語だし、前向きな気持ちになれる。あと、アニサマは箱推しの文化であるし、お客さん全員とアーティスト全員がOKな場所を作ろうという意志もある。でもみんなが幸せならそれでOKです(笑)」と説明した。

 その後、会場では第一弾出演者を発表。8月24日にはAqours、亜咲花、伊藤美来、内田彩、OLDCODEX、GARNiDELiA、Poppin’Party、MYTH & ROID、三森すずこ、8月25日にはアイドルマスター SideM、内田真礼、大橋彩香、GRANRODEO、茅原実里、TRUE、TrySail、fhána、水瀬いのり、8月26日にはアイドルマスター ミリオンライブ! ミリオンスターズ、i☆Ris、蒼井翔太、上坂すみれ、ORESAMA、ZAQ、JAM Project、鈴木このみ、鈴木みのりがそれぞれ出演することがアナウンスされた。

 続いて、出演者のなかから、ORESAMAと、i☆Risの芹澤 優・若井友希・茜屋日海夏、TRUE、伊藤美来、内田真礼、内田彩、鈴木このみが登壇。続けて同イベントのテーマソングを手がけたアーティストとして、神前 暁(MONACA)もステージへと姿を表した。

 神前は今回のテーマソング制作について「アニサマは見させてもらっているけど、今まで縁がなかったので、この歳になってお声がかかるとはとびっくりしたし嬉しかった。もちろん二つ返事で“OK”させていただいた」とテーマを引用しながら話すと、同曲の作詞は登壇者の一人であり、作詞家・唐沢美帆としても活躍するTRUEが手がけたことが明かされた。作詞家としてコメントを求められた唐沢は「作詞家としてはまだ端くれなので、こんな大役を尊敬する先輩のZAQさん(前年テーマソング作詞作曲担当)から引き継いで、嬉しい反面身の引き締まる思いでした」と恐縮したあと、楽曲タイトルが「Stand by…MUSIC!!!」であることが明かされた。

 神前は楽曲について「ポジティブでストレートな曲にしてほしいというお願いがあって、音楽が好き、アニソンが好きという気持ちを曲にしました」と語ると、唐沢は「好きなように好きなことを書いてもOKです! と言っていただきました。私も音楽とともに歩んできて、ここにいる演者も皆さんもそうだと思っているので、それが一つの大きな想いになればいいなと思って歌詞を書きました」とコメント。その後、テーマソングとレコーディング風景を少しだけ公開すると、観客がペンライトを降り出すという微笑ましい光景も。また、レコーディングにはアイドルマスター SideM(仲村宗悟・山谷祥生・狩野翔)、アイドルマスター ミリオンライブ! ミリオンスターズ(山崎はるか・田所あずさ・Machico)、 伊藤美来、内田彩、内田真礼、GRANRODEO(KISHOW)、鈴木このみ、鈴木みのり、 TRUE、fhánaらが参加していることが明かされた。

 ここからは登壇アーティストが一人ずつ意気込みを語るコーナーへ。TRUEは「作詞家としても参加していますが、アーティストとしてもいっぱい盛り上げて行こうと思います!」、伊藤美来は「去年はPyxis(豊田萌絵とのユニット)とアイドルマスター ミリオンライブ! ミリオンスターズで出演しましたが、今年は初のソロ出演。緊張もあるけど、光栄ですし、スタッフさんと大切に作った曲をたくさんの人に聞いていただける機会だと思っています」と気合たっぷりのコメントを残した。

 また、内田真礼は「毎年アニサマの思い出は濃く深く更新されています。テーマソングは歌っていて心がスッとする、“OK”と言われて元気付けられるような曲なので、一緒に盛り上がって声を出して、夏の思い出を作りましょう」と呼びかけると、内田彩は「アニサマには久しぶりの出演なのですが、ソロで出演するとはまさか思っていなかったので、この場に立っている今も緊張してます。良い意味で本番までにほぐれて『ああ、緊張して損したな』って思えるくらい、自分に“OK”を出してあげられるステージを」と2人続けて“OK”を引用したコメントを残すと、鷲崎から「コメントにはOKを入れるというルールになりました」とレギュレーションの変更が通達された。

 その後、鈴木このみは「今回は鈴木みのりさんも出演されるので、よく間違われるんですけど、私が鈴木このみです。私は準備OKですが、みなさんも準備OKですか?」と会場を沸かせると、ORESAMAの小島英也は「ORESAMAがアニサマに出演OKをいただいたということで。右も左もわからないけど、ライブでは盛り上がっていきたい」、ORESAMAのPONは「たくさんの方に愛されるアニサマの一旦を担えるように頑張ります……OKどこに入れよう?(笑)」と早くもギブアップ。i☆Risの若井は「私はアニサマのおー(O)きなけー(K)しきが好きなので」、芹澤は「私たちはいろんなところに出てもOKなメンツ。去年はスフィアさんとのコラボが楽しかったので、今年も何かあるかと期待しています」、茜屋は「毎年出させて頂けたこと、この場に呼んで頂けたことも光栄です。本番はもっと盛り上がると思いますのでよろしくお願いします。OK?」と半ば強引に締めくくり、会場が笑いに包まれたところで会見が終了した。

 なお、同イベントのチケットは3月28日リリースの映像作品『Animelo Summer Live 2017 -THE CARD-』に最速先行抽選応募券が封入される。

(取材・文=中村拓海)

■リリース情報
『Stand by…MUSIC!!!』
作詞:唐沢美帆 作曲/編曲:神前暁
<歌唱アーティスト>
アイドルマスター SideM(仲村宗悟・山谷祥生・狩野翔)、
アイドルマスター ミリオンライブ! ミリオンスターズ(山崎はるか・田所あずさ・Machico)、 伊藤美来、内田彩、内田真礼、GRANRODEO(KISHOW)、鈴木このみ、鈴木みのり、 TRUE、fhána and more!! (50音順)

発売:5月16日(水)より、タワーレコード各店舗、タワーレコードオンラインにて限定発売
価格:¥750(税抜)
配信情報:5月16日(水)より、ANiUTa、animelo mixにてCD発売とあわせて同時配信

■イベント概要
『Animelo Summer Live 2018 “OK!”』
日時:8月24日(金)、8月25日(土)、8月26日(日)
各日14:00開場、16:00開演
会場:さいたまスーパーアリーナ(スタジアムモード)
料金:全席指定/前売り ¥9,200(税込)
主催:MAGES./文化放送/BSフジ 協  賛:ANiUTa/グッドスマイルカンパニー/LIVE DAM STADIUM
後援:埼玉県KADOKAWA/キングレコード/ZERO-A/ソニー・ミュージックエンタテインメント/ DIVE II entertainment/日本コロムビア/バンダイナムコエンターテインメント/5pb.Records/フライングドッグ/ブシロードミュージック/ポニーキャニオン/ランティス  (50音順)
協力:さいたまスーパーアリーナ/セブン-イレブン・ジャパン/タワーレコード/ぴあ

<8月24日(金)出演アーティスト>
Aqours/亜咲花/伊藤美来/内田彩/OLDCODEX/GARNiDELiA/Poppin’Party/MYTH&ROID/三森すずこ(50音順)

<8月25日(土)出演アーティスト>
アイドルマスター SideM/内田真礼/大橋彩香/GRANRODEO / 茅原実里/TRUE/TrySail/fhána/水瀬いのり(50音順)

<8月26日(日)出演アーティスト>
アイドルマスター ミリオンライブ! ミリオンスターズ/i☆Ris/蒼井翔太/上坂すみれ/ ORESAMA/ZAQ/JAM Project/鈴木このみ/鈴木みのり(50音順)

公式WEBサイト(PC・モバイル共通)
公式Twitter
公式Facebookページ

 

「i☆Ris、伊藤美来、内田真礼、内田彩ら『アニサマ 2018』会見に登壇 テーマ曲は唐沢美帆×神前 暁」のページです。の最新ニュースで音楽シーンをもっと楽しく!「リアルサウンド」は、音楽とホンネで向き合う人たちのための、音楽・アーティスト情報、作品レビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版