>  > Machico&伊藤美来 特別対談

Maxhico『コレカラ』&伊藤美来『守りたいもののために』リリース対談

Machico&伊藤美来が語り合う、声優や歌手活動から生まれた“挑戦”と“難しさ”

関連タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 テレビアニメ『りゅうおうのおしごと!』(TOKYO MX)が1月8日よりスタートした。同アニメでは、オープニング曲「コレカラ」(1月31日リリース)をMachico、エンディング曲「守りたいもののために」(2月21日リリース)を伊藤美来がそれぞれ担当している。

TVアニメ『りゅうおうのおしごと!』MV

 2013年にゲーム『アイドルマスター ミリオンライブ!』で初共演したふたり。その後も声優/歌手として精力的に活動を行い、昨年にはMachicoがメジャー1stアルバム『SOL』、伊藤が1stアルバム『水彩 ~aquaveil~』をリリースしている。

 今回、リアルサウンドでは両者の対談が実現。ふたりの出会いや交流のエピソードをはじめ、それぞれの楽曲や歌手活動に対する想い、そして『りゅうおうのおしごと!』の魅力をたっぷりと語ってもらった。(編集部)

Machico「『この子は向上心の塊だ!』と思ってた」 

左からMachico、伊藤美来

――お二人が最初に出会ったのは?

Machico:4年ぐらい前かなあ、みっく(伊藤)はまだ制服を身に纏ってたもんね。

伊藤:そうなんですよ、私がまだ高校生のときに『アイドルマスター ミリオンライブ!』という作品で一緒になったんです。

Machico:私は『ミリオン』のメンバーで初めて会った子がみっくだったんです。めちゃくちゃ可愛いし、すごく小柄な子だなあと思って。

伊藤:私も小柄で可愛らしいと思ったよ。

Machico:いやいやいや、私より小さな子がいると思ったんですけど、私は普段ずっとヒールか厚底の靴を履いてるので、フタを開けてみたら私より身長が高い疑惑が持ち上がって(笑)。

伊藤:実際私の方が2センチぐらい高いんですよ。

――あんまり変わらないですね。

Machico:低身長業界では1~2センチは大きな差なので(笑)。

――しかもお二人とも『アイドルマスター ミリオンライブ!』が声優デビュー作なんですよね。お互い新人の状態でお会いしたわけですが。

Machico:でもみっくは踊りとかもできるから、見せ方も上手いなあと思ったし……。

伊藤:(遮るように)いやいやいやいや! それはMachicoさんに言いたい。Machicoさんはパフォーマンスがすごくて、歌声も力強いですし、ダンスもちゃんと個性があって。私は好きなんですよ。

Machico:止めろーっ!(笑)。でも、みっくは最初の頃、練習やリハのときに他の人のダンスをすごく真っ直ぐな目で見てたのが印象的で、「この子は向上心の塊だ!」と思ってたんです。私はそんな真剣な眼差しのみっくを見てキュンってなってたから集中力が散漫で(笑)。みっくはいまもずっと可愛いですけど。

伊藤:本当に思ってる?

Machico:思ってるよ。でも、みっくはチョロいんで。

伊藤:それ思ってないじゃん!(笑)。

 伊藤「「コレカラ」は本当に勇気をもらえる曲」

――そのように昔から交流のあるお二人が同じアニメのオープニングとエンディングを担当することになったわけですが、まず『りゅうおうのおしごと!』という作品に触れてどう思われましたか?

Machico:私はオープニングを歌わせていただくことが決まってから初めて作品のことを知ったんですけど、最初は可愛い女の子が出てくる日常系の作品というお話を聞いてたんです。だから可愛い要素がたくさん出てくるのかなって思って、いざ読んでみたら……。

伊藤:そう、めちゃくちゃ熱血なシーンがたくさんあって。私は将棋自体もあまり詳しくなかったんですけど、調べてみたらこんなに熱いボードゲームなんだということがわかって、興味も沸いたし、こういう世界があることを知れてうれしかったです。ひとつ考えるのに1時間もかけるなんて、それは対局中におなかも空くと思って(笑)。

Machico:そうそう、最初、対局中にご飯を食べるって聞いたときは「なんだそりゃ?」って思ったんですけど、作品を読んでなるほどって思いました。特に主人公の(九頭竜)八一くんがスランプになって好きな将棋のことがわからなくなってるときに、(ヒロインの雛鶴)あいちゃんという真っ直ぐな気持ちで将棋が好きな子と出会って、周りからの刺激で好きなものをもっと好きと言えるようになっていくストーリーなので、それは私たちが演技をしたり歌を歌うことと似てるなと思って……ヒューマンドラマだと思いました。

――いきなりまとめましたね(笑)。

Machico:私は覚えた言葉をすぐ使いたがるので(笑)。

伊藤:それに将棋は別にしても共感できるところがたくさんあるので、どんな人が読んでも感情移入ができる作品なんですよ。

Machico「コレカラ」MV

――将棋のルールを知らなくても楽しめる内容ですものね。ではまずはMachicoさんが歌うオープニングテーマ「コレカラ」についてお話を聞かせてください。

Machico:「コレカラ」は聴いてくれる人を元気付けられるような曲になっていて。歌詞には不安な気持ちも表現されてるんですけど、自分も悲しいことがあったけど、だからがんばれるんだよって伝えられる内容なんです。それに<王者>とか将棋をイメージしてもらえるような言葉も散りばめられてるので、作品にリンクした応援ソングになってると思います。

――Machicoさんらしい爽やかなアップチューンですよね。

Machico:私はこれまでにもいろんな応援ソングを歌ってきたんですけど、「コレカラ」に関してはいきなりバッと背中を押されて、思わず一歩前に進んでしまうような曲で。『りゅうおうのおしごと!』で言えば八一くんが落ち込んでるところに突然あいちゃんが現われて、思わず前に進んでしまうようなところが共通していると思います。

――伊藤さんはこの曲を聴かれていかがでしたか?

伊藤:めちゃくちゃ爽やかで元気になるし、2番の歌詞の<小さな王者が この手の中>みたいに作品を連想できるフレーズがたくさんありますよね。Machicoさんの歌声もものすごく明るくて、作品の手を引っ張ってリードしてる感があって、すごく素敵だと思いました。

Machico:何か照れちゃう(笑)。普段だと「いい曲だった!」で終わるんですけど、こんな風に分析されると恥ずかしいものがありますね。

伊藤:対談だからね(笑)。でも本当に勇気をもらえる曲だと思いました。私、Machicoさんの歌声がすごく好きで、アルバムもよく聴いてるんですよ。アルバムタイトルの『SOL』は太陽という意味ですけど、Machicoさんは本当に太陽みたいな人柄で、しかもそれが歌声に乗ってるところがすごいなと思ってて。

Machico:逆に私はみっくの可愛さというか守りたくなるような雰囲気が……。

伊藤:いま私の曲名にかけてくれた(笑)。

Machico:私は守られるタイプのキャラじゃないので、いいなあって思うんですよ。みっくはすごくいい子だし、ふわふわしてるように見えてしっかりと物事を考えてるので、そのギャップぶりを見て「俺がいなくても美来はしっかりしてるんだ(キュン)」って感じなんです(笑)。

伊藤:うれしいけど照れますねー。でも私、Machicoさんと似てるところがあると思うんですよね。Machicoさんは周りを見ようとしてるところが素敵だし、気をすごく遣える人だと思ってて。私もそれを見て周りを見ようと思うので、私がMachicoさんに寄せてるのかもしれないですけど。明るいのに落ち着いて大人な部分もちゃんとあって、頼りになるお姉さんです。

Machico:え~っ! 良かったです。みっくにそう言われて、私はいまのままでいいんだって前向きな気持ちになれました。

――楽曲の話に戻すと「コレカラ」には、原作の1巻で描かれる“自分自身の気持ちに負けたら負け”というメッセージを感じられる部分もあると思ったのですが。

Machico:「コレカラ」のレコーディングのとき、最初は作品に寄せて可愛い歌い方をするプランもあったんですよ。でもこれはMachicoの曲でもあるから、Machicoらしさもちゃんとあった方がいいということで、当初予定してたよりも力強さを入れて明るく歌ったんですね。そしたら結果的に歌声も可愛い方向に寄せなくてよかったなと思って。自分らしさも出しつつ作品に寄り添える形になったんです。

――ちなみに伊藤さんは「コレカラ」のMVもご覧になりましたか?

伊藤:すーごく可愛くて、Machicoさん色が存分に出てるMVだと思いました。色味も華やかだし、つぼみがどんどん育っていくストーリー性も歌詞に合ってるし、Machicoさんの歩いてるシーンにも前向きなメッセージを感じられて、見てて笑顔になりましたね。

Machico:良かった! みっくを元気づけることができた!

「Machico&伊藤美来が語り合う、声優や歌手活動から生まれた“挑戦”と“難しさ”」のページです。の最新ニュースで音楽シーンをもっと楽しく!「リアルサウンド」は、音楽とホンネで向き合う人たちのための、音楽・アーティスト情報、作品レビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版