>  >  > NEWSら“目と耳で楽しませてくれる”新作

森朋之の「本日、フラゲ日!」vol.90

NEWS、菅田将暉、SKY-HI……“目と耳で楽しませてくれる”アーティストによる新作

関連タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 映像と一緒に音楽を聴くという行為が完全に浸透した現在、優れたビジュアルや個性的なライブパフォーマンス、高い音楽性などを兼ね備えた、“目と耳で楽しませてくれる”アーティストの存在がさらにクローズアップされている。そこで今回はNEWS、菅田将暉、SKY-HIなどの新作を紹介したい。

 「KINGDOM」(『FIFAクラブワールドカップUAE2017』大会テーマソング)、「LPS」(フジテレビ系特番『NEWSICAL』スペシャルソング)などを含む9thアルバム『EPCOTIA』は“宇宙旅行”をテーマに掲げたコンセプチュアルな作品。m-floの☆Taku Takahashiが参加、近未来的なイメージをもたらすサウンドメイクによって、本作の世界観を的確に描き出している。現行のオルタナR&B、80’s風ロック、昭和歌謡など、幅広い音楽性を含んだ楽曲を歌いこなすメンバー4人のボーカルもさらに進化。個々の声質、音域を活かしながら、巧みな歌割とコーラスによって楽曲の世界を増幅させる彼らの表現力は、結成15年目(4人体制になってから7年)を迎え、新たな充実期に突入しているようだ。

菅田将暉『PLAY』

 米津玄師とのコラボレーションによる「灰色と青(+菅田将暉)」、石崎ひゅーいの書き下ろしシングル「さよならエレジー」のほか、秋田ひろむ(amazarashi)、渡辺大知(黒猫チェルシー)、柴田隆浩(忘れらんねえよ)など、菅田将暉自身が尊敬するアーティストたちの手による楽曲が収められた1stフルアルバム『PLAY』。日本のロック、フォークを中心としたルーツミュージックに沿いながら、彼自身の生き方、価値観を直接的に反映させた歌からは、菅田将暉が音楽に向かう理由が明確に伝わってくる。もっとも印象的なのは、菅田が初めて作詞作曲を手がけたという「ゆらゆら」。自然体で新しい挑戦を続ける姿勢を描いたこの曲は、まさに彼そのものだと言っていい。

2018/03/21発売 菅田将暉 Debut Album『PLAY』全曲試聴トレーラー映像
BLUE ENCOUNT『VECTOR』

 “これぞブルエン!”と叫びたくなるエモ系ナンバー「灯せ」、J-POP的なメロディと失恋を描いた歌詞がひとつになった「グッバイ。」から、ブルエン風のシティポップ「coffee,sugar,instant love」まで。オーディエンスの期待に応えつつも“おまえらの想像の範囲には絶対に収まらない”という意欲が漲るBLUE ENCOUNTのニューアルバム『VECTOR』だ。圧巻はアルバムの最後に収録された「こたえ」の<僕が出したこの声は/すべての人に届かない/でもそれでもいいんだ/あなたが笑ってくれれば>という歌詞。自分たちの思いは完璧に届くことはない。それでもあなた(ファン)とともに進んでいきたいーーそれこそが、本作でブルエンが示したベクトルなのだと思う。

BLUE ENCOUNT 3rd Album VECTOR CONCEPT MOVIE

      

「NEWS、菅田将暉、SKY-HI……“目と耳で楽しませてくれる”アーティストによる新作」のページです。の最新ニュースで音楽シーンをもっと楽しく!「リアルサウンド」は、音楽とホンネで向き合う人たちのための、音楽・アーティスト情報、作品レビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版