>  >  > GENE、なぜ今「Y.M.C.A.」カバー?

GENERATIONS、なぜ今「Y.M.C.A.」をカバー? 1979年の時代背景から狙いを読む

関連タグ
EXILE
西城秀樹
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 GENERATIONS from EXILE TRIBEが、12月13日放送の歌番組『2017 FNS歌謡祭』(フジテレビ系)にて新たにカバーした楽曲「Y.M.C.A.」をパフォーマンスし、大きな注目を集めている。同曲は、デビュー5周年を記念して1月1日にリリースされるベストアルバム『BEST GENERATION』に収録されるもので、同じく13日にYouTubeにて公開されたミュージックビデオは14日11時の時点で約58万回再生を突破。GENERATIONS史上最高の勢いを見せている。

GENERATIONS from EXILE TRIBE

 『FNS歌謡祭』では、同じくLDH所属のTHE RAMPAGE from EXILE TRIBEのパフォーマンスの後にGENERATIONSが登場。新曲「BIG CITY RODEO」で一糸乱れぬ迫力のダンスパフォーマンスを見せつけ、そのまま「Y.M.C.A.」へ。シンセサイザーの煌びやかなサウンドで現代的にアレンジされたイントロがかかると、メンバーたちはジャンプで会場を一気に盛り上げる。いよいよサビに入ると、THE RAMPAGEのメンバーもステージに上がり、全員で「Y.M.C.A.」の振り付けを披露。観客もまたその振り付けを真似し、一体感のあるステージングとなっていた。

 なぜ、GENERATIONSは今のタイミングで「Y.M.C.A.」を蘇らせたのだろうか。同曲の背景を探ることで、その狙いを探ってみたい。

 「Y.M.C.A.」は、西城秀樹による1979年の大ヒット曲「ヤングマン」のカバーだが、もともとはアメリカ合衆国のディスコグループであるヴィレッジ・ピープルが1978年にリリースしたディスコソングである。「Y.M.C.A.」はもともとゲイ・カルチャーを讃える楽曲で、当時のディスコ・カルチャーと密接な関係にあったのだが、その開放的な曲調と誰もが楽しめるわかりやすい振り付けは万人を惹き付け、アメリカ国内でヒット曲となった。

 これを聴いた西城秀樹のマネージャー・あまがいりゅうじは、同曲を青春讃歌として解釈。ヴィレッジ・ピープルに倣った元気な振り付けを活かしつつ、若い世代のエネルギーをポジティブに表現した歌詞を乗せた。その希望あふれるメッセージは、高度経済成長期からオイルショックによる不景気を経験した当時の日本社会を大いに盛り上げる効果を発揮した。同曲は若者のみならず幅広い世代の共感を得て、セールス140万枚を超える国民的な大ヒット曲となり、結果的に80年代の好景気を呼び込む応援歌として長く愛されたのだ。

 今回、約40年の時を経てGENERATIONSが同曲をカバーしたのは、彼らのグループ名が示す通り、「自分たちの世代がこれからの日本を盛り上げていこう」とのメッセージを込めてのことだろう。実際、公開されたミュージックビデオには、同じLDH所属のE-girlsやEXILEの世界、佐藤大樹がリーダーを務める7人組のパフォーマー集団FANTASTICS、EXPG Labからのパフォーマーら総勢69名が出演しており、若い世代が一丸となったイメージを打ち出している。これからの日本、そして、2020年の東京オリンピック開催に向けてもこの新たな世代が盛り上げてくれるに違いない。

GENERATIONS from EXILE TRIBE / 「Y.M.C.A.」Music Video

 また、おなじみの振り付けは健在ながら、ダンス全体は現代的にアップデートされており、懐かしくも新しい表現になっているのも注目したいポイント。GENERATIONSならではの高いダンススキルと誰もが真似できるサビの振り付けの融合は、彼らの魅力を存分に伝えるはずだ。西城秀樹の楽曲に親しんできた世代から、元の曲を知らない世代まで、親子三代で楽しめるダンスといえるだろう。2014年には、三代目 J Soul Brothers from EXILE TRIBEの楽曲「R.Y.U.S.E.I.」のミュージックビデオで、ストリートダンスの定番である“ランニングマン”の振り付けが大ブームとなったが、GENERATIONSのダンスは常にキャッチーで若い世代に人気で「BIG CITY RODEO」のピーカーブーダンスも注目を集めた中、「Y.M.C.A.」もまた、大きな盛り上がりを予感させる。

 LDHには、EXILEがZOOの「Choo Choo TRAIN」をカバーしていることからもわかるように、名曲に新たな解釈を加えて、世代を超えて伝えていこうとする文化がある。GENERATIONSが歌い継ぐ「Y.M.C.A.」は説明不要のパワーソングであり、1979年の熱気まで蘇らせ、また再び日本全体を活気付けていく可能性がありそうだ。

(文=松田広宣)

■リリース情報
『BEST GENERATION』
ALBUM3枚組+DVD4枚組 数量限定 ¥9,698(税込)
ALBUM3枚組+Blu-ray Disc4枚組 数量限定 ¥11,858(税込)
AL2枚組+DVD3枚組 ¥7,020(税込)
AL2枚組+Blu-ray Disc3枚組 ¥8,100(税込)
AL+DVD ¥4,860(税込)
AL+Blu-ray Disc ¥5,940(税込)
AL ¥2,700(税込)
AL+DVD ¥2,678(税込)

GENERATIONS  from EXILE TRIBE オフィシャルページ

「GENERATIONS、なぜ今「Y.M.C.A.」をカバー? 1979年の時代背景から狙いを読む」のページです。の最新ニュースで音楽シーンをもっと楽しく!「リアルサウンド」は、音楽とホンネで向き合う人たちのための、音楽・アーティスト情報、作品レビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版