>  >  > 嗣永桃子ラストステージを観て

嗣永桃子はプロフェッショナル・アイドルだった 後輩に“未来”託したラストステージ

関連タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 2017年6月30日、アイドル史に深く大きな爪痕を残した“ももち”こと、嗣永桃子は15年に渡る華やかなステージから降りた。“ファンの皆さんからの愛を受信するアンテナ=小指”を折りたたんで。

アイドル15周年記念アルバム『ありがとう おとももち』

「私は見てのとおり、ビジュアルもいいし、愛嬌もあるし、運まで持っているから大丈夫です! 皆さん!皆さんのほうが絶対に幸せになってください。この15年間、たくさんの愛を本当にどうもありがとうございました! 」

 嗣永桃子は、正真正銘、唯一無二のプロフェッショナル・アイドルだった。

 努力や苦悩を表に出さず、自虐はしても他者を卑下することは絶対にせず、下品なことは一切口にしない。黒髪にナチュラルメイク、ネイルもやらなければカラコンもつけず、アクセサリーも身につけない。私生活を見せることを良しとせず、SNSはおろかブログですら消極的で、いわゆる一般的な“自撮り写真”は1枚もない……、現在のアイドル事情から見れば時代に逆行するようなかなり珍しいスタイルだが、「アイドルとは手の届かぬ雲の上の存在」という彼女なりの思い描くアイドルの矜持を最後の最後まで貫き通した。

嗣永桃子ラストライブ ♡ありがとう おとももち♡

絶対に晴れるし、絶対に大成功です!!

ももち先輩の力は物凄いんですから。

皆さんびっくりしないで下さいねー?笑

  ーー「6月29日 明日 小関舞」カントリー・ガールズ オフィシャルブログより

 前日の天気予報は雨だったし、当日も朝から雨に見舞われていた青海野外特設会場。しかし、午後には涼やかな海風が吹き込む絶好の野外ライブのロケーションとなり、あたり一面“桃色”に包まれた。

 アンジュルム、つばきファクトリー、こぶしファクトリー、Juice=Juice、ハロー!プロジェクトの各グループがオープニングアクトとして、先輩の門出を祝う。それぞれがシングル代表曲を披露していた中で、アルバム曲である「青空がいつまでも続くような未来であれ!」を雨上がりの空に小指を突き立てながら歌ったモーニング娘。’17のステージが印象的だった。

 赤鬼・船木結、青鬼・梁川奈々美、サル・小関舞、イヌ・森戸知沙希、黒子、ではなく、キジ・山木梨沙。割れんばかりの“ももち”コールの中、童話『桃太郎』モチーフの出で立ちで現れたカントリー・カールズのメンバーたち。囲んだ巨大の桃の中から、悠々と扇子を仰ぎながら陣羽織姿の嗣永が登場する。赤鬼、青鬼によって、ピンクのアイドル衣装へと早変わりすると、嗣永桃子オン・ステージが始まった。

 1曲目は「恋はひっぱりだこ(Berryz工房)」だ。2007年4月1日にさいたまスーパーアリーナで行った『2007 桜満開 Berryz工房ライブ ~この感動は二度とない瞬間である!~』の際、嗣永がソロで歌った思い出深い曲である。序盤はBerryz工房の楽曲を中心に進んでいく。花道を歩きながら、夏焼雅や菅谷梨沙子のパートを1人で歌いきっていく嗣永の姿は新鮮であったが、なによりも本人が嬉しそうで楽しそうで、どこか得意げで。そして、これまででいちばん綺麗だった。

 「もしも…(ハロー!プロジェクト モベキマス)」「マジ グッドチャンス サマー(Berryz工房)」と、懐かしいながらも、しっかり“一人芝居”の入る曲を選んでいるのが彼女らしい。しかし、「もしもし あ、お母さん あのね…」と印象的なセリフで始まる「マジ グッドチャンス サマー」であったが、「え?なに?電波が……」と言っておきながら、明らかにガチャンと黒電話の受話器を置く仕草であったのは、思わず突っ込まずにいられなかった。

 Berryz工房の恒例であった『七夕スッペシャルライブ』、2014年の夏祭り仕様を思い起こす浴衣衣装に身を包んだ嗣永がやぐらに乗り、会場内を移動しながらの『ももちアイドル15周年記念メドレー』は最新曲「ピーナツバタージェリーラブ(カントリー・ガールズ)」から遡っていく形で披露されていく。「ジンギスカン(Berryz工房)」「Bravo☆Bravo(Buono!)」のコールアンドレスポンスで場内を沸かせ、「ホントのじぶん(Buono!)」「恋をしちゃいました!(タンポポ)」のアイドルらしさと、「大人なのよ!(Berryz工房)」「白いTOKYO(ZYX)」で魅せる大人っぽい艶のある歌声の切り替えが絶妙だ。次々と移り変わっていく楽曲の中、抜群の歌唱力と安定感でオーディエンスを魅了していく。もちろん、コミカルな側面も外さない。「アジアン セレブレイション(Berryz工房)」では冒頭のDJ夏焼雅のセリフ「はーい、みなさん お元気?」を言いたいだけ、「スッペシャル ジェネレ~ション(Berryz工房)」はイントロ前の「スッ!ペッ! スッペシャル ジェネレ~ション!!」と会場一体となるコールを聴きたいだけ、というやりたい放題の自由奔放さも彼女らしい。そうそう、我々はこれまでもいつも彼女にこうやって振り回されっぱなしだった。

「嗣永桃子はプロフェッショナル・アイドルだった 後輩に“未来”託したラストステージ」のページです。>の最新ニュースで音楽シーンをもっと楽しく!「リアルサウンド」は、音楽とホンネで向き合う人たちのための、音楽・アーティスト情報、作品レビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版