Little Glee Monsterが獲得した音楽的個性 “歌うま”超える表現力で更なる成長へ

 「歌がうまい」というのはある種の身体能力の一つであり、ここにフォーカスしすぎると「音楽」というよりは「曲芸」になってしまう(このあたりは『ハモネプ』『歌王』といった類のテレビ番組を見ればよくわかると思う)。デビュー当時のリトグリにもその傾向があったのでは? というような話は以前のこの連載でも少し触れたが(参考:Little Glee Monsterの初アルバムが週間チャート4位に シーンで異彩を放つ創作スタンスを読む)、今作で彼女たちははっきりとした音楽的な受け皿を獲得したことで歌唱力という武器を違和感なく楽曲に融合させることができた。早い段階で「単なる歌うま女子の集まり」というようなものとは違う場所に行けたのはとても大きいと思うし、この先どんなグループとして成長していくのか非常に楽しみである。

■レジー
1981年生まれ。一般企業に勤める傍ら、2012年7月に音楽ブログ「レジーのブログ」を開設。アーティスト/作品単体の批評にとどまらない「日本におけるポップミュージックの受容構造」を俯瞰した考察が音楽ファンのみならず音楽ライター・ミュージシャンの間で話題に。2013年春にQUICK JAPANへパスピエ『フィーバー』のディスクレビューを寄稿、以降は外部媒体での発信も行っている。

Twitter
レジーのブログ
レジーのポータル

コラムPick Up!

もっとみる

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「チャート一刀両断!」の最新記事

もっとみる

映画部Pick Up!