マキシマム ザ ホルモン『Deka Vs Deka〜デカ対デカ〜』視聴&試聴会に行った! 行ったけれども!

マキシマム ザ ホルモン『Deka Vs Deka〜デカ対デカ〜』視聴&試聴会に行った! 行ったけれども!

20151114-mh7.jpg

 

 なお、本作の特設サイトには、この中の映像作品=「メインDISC」「オフショットDISC」「ブルーレイDISC」、それぞれの内容についての説明が書かれていますが、我々参加者、視聴会の間、それらの作品はほとんど観ていません。そのうちの1枚の、ほんの一部を観ただけです。いかがでしょう。さらにわけがわからなくなったでしょう。すみません。

 あ、それから、ボックス内の『耳噛じる 真打』(CD)──つまりファーストアルバム『耳噛じる』の新録盤に関しては、その視聴会のあと、レコーディングスタジオのコンソール室に移動して、聴かせてもらいました(こっちが「試聴会」)。この時は亮君は画面越しではなく、コンソール室に来て、1曲ずつ解説してくれました。

 どの曲も、今のホルモンのスキルやセンスで録り直しただけではない、すさまじくクソかっこいい仕上がりです。期待すべき。というか、ボックスに入れずにこれだけ別で出せばいいじゃん! なあんでこの中に入れちゃうかなあ!と、その場にいた全員がつっこみたくなったと思う。

 『Deka Vs Deka〜デカ対デカ〜』がみなさんのお手元に行き渡り、これがいかに途方もない作品であるかを把握していただいてから、その内容について、改めて書きたい、と考えております。

 以上です、今のところ。

(取材・文=兵庫慎司)

マキシマム ザ ホルモン オフィシャルサイト 
デカ対デカ 情報まとめページ

コラムPick Up!

もっとみる

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「アーティスト分析」の最新記事

もっとみる

映画部Pick Up!