SKE48・谷真理佳の歌唱力に専門家が辛口コメント「歌は諦めた方がいい」

 『AKBINGO!』の10月14日放送分にて、AKB48グループのメンバーによる「ディバチャン」が行われた。

 同企画は、AKB48のメンバーで一番歌が上手いメンバーをトーナメント制で決め、メンバーは自分で選んだ最も自信のあるカバー曲で対戦するというもの。1回戦のAKB48チーム8・小田えりなとHKT48・神志那結衣の対戦では、小田がリンドバーグの「今すぐKiss Me」を歌唱した。審査員の平尾昌晃は「音が音符の上にちゃんと乗っている」と評価し、デーモン閣下は「音程もいいし、発声もいいし、リズムもいいし、基本的にどれもいい」と褒めていた。対して、神志那は山口百恵の「秋桜」を熱唱。艶やかな歌声にメンバーの篠崎彩奈は「30代くらいの色気が……」と実年齢の17歳に対してコメントし、神志那は慌てて「やめてください! それは言い過ぎです」と返した。平尾は「山口百恵の曲は誰が歌ってもそのヒロインにはなりきれない。けれど、彼女は17歳でその雰囲気を持っている。大変将来性もある」と絶賛するも、結果は、小田の勝利となった。

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「ニュース」の最新記事

もっとみる