PE’Z、ラストライブをクラウドファンディング資金で映像化 「息遣いを伝えられるものにする」

20151013-pez.jpgPE’Z

 PE’Zが、12月19日に東京・昭和女子大学 人見記念講堂にて開催されるラストライブ『EN-MUSUBI 2015 FINAL-おどらにゃそんそん!-』について、クラウドファンディングで支援を募り、ライブ映像を制作すると発表した。

 ライブ映像の制作は、PE’Zとして走り続けて来た16年間の集大成として、ラストライブをより多くのファンに届ける方法を模索したメンバーが出した結論だという。メンバーは、「いろいろ考えた末、最後のライブを映像にしようと思い立ちました。もちろん映像は生のライブを100%再現できるものではありませんが、その代わりとして、客席からは見えないぼくらの表情やスピーカーからは聞こえない息遣いを伝えるられるものにする」と映像化について語っている。クラウドファンディングで集められた支援金の一部は、ライブ映像制作の他、ステージ装飾にも使用し、より記憶に残るライブ映像を作る予定だという。

 また、ライブ当日、メンバー5人はラストライブ1日だけのために制作される和装衣装を着て、活動を締め括るとのことだ。

PE’Zクラウドファンディング@ Motion Gallery
https://motion-gallery.net/projects/PEZ_EN_MUSUBI2015
10月13月(火) 18:00からスタート

Website
www.worldapart.co.jp/pez/

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「リリース情報」の最新記事

もっとみる