w-inds.が語る、J-POPの新標準 「“失敗する”というイメージがまったく沸かなかった」

20150706-ryuichi.jpg

「アルバムを聴いてもらえる機会さえあれば、気に入ってもらえる自信がある」(慶太)

――慶太くんのソロ活動、龍一くんのALL CITY STEPPERSでの活動、涼平くんの舞台での活動、それぞれの動きがw-inds.本体へもたらしたものはありましたか?

龍一:ステッパーズは幼なじみと10年来の友人と組んだユニットなんですが、ハングリーさというか、精神面ですごく学ぶことが多くて。例えば、今の僕はレコーディングすること、ライブをすることが、まるで普通の流れのようにシステマチックに受け止めてしまっているところがあるけれど、そもそもそれをできる環境のありがたさや、発信することの大切さを、改めて感じさせてもらっています。アーティストという職業を選ぶ、まさに原点の感覚ですよね。そういったことでフラットな気持ちに戻ることができているし、w-inds.もステッパーズもメンバーの個性が強いので、すごくいい刺激になっています。

慶太:僕はソロを経験したことによって、誤解のないように言いますが……「人に任せられない症候群」になってしまったんです(笑)。ソロ活動自体、セルフプロデュースに近い形だったので、どんなに信頼できるプロデューサーさんでもエンジニアさんでも、「もしすべてを任せて望むような仕上がりにならなかったらどうしよう……」って心配になってしまって。ソロを経験したおかけで、口うるさくもなりましたが(笑)、よりこだわりを持てるようになったと思います。

涼平:僕は舞台がメインだったんですが、それこそケガをしたら、もうおしまいという世界で、常に限界ギリギリで戦ってきました。あ、w-inds.の活動は手を抜いているという意味じゃないですからね(笑)。そういった舞台で経験を積んでw-inds.に戻ってきたとき、「真逆でありたい」と感じたんです。いい感じで力の抜けた感覚、っていうんですかね。ボーカル面においても、パフォーマンス面においても。前のめりなだけじゃ息が詰まっちゃうし、僕の感覚としては、舞台の仕事とw-inds.での活動を同じ形では見せたくないな、って。

20150706-ryuhei.jpg

 

――涼平くんが「ボーカル面でも」と話しましたが、今作では龍一くんと涼平くんがリードボーカルを務める曲が格段に増えましたよね。

慶太:僕は昔からずっとふたりには歌ってほしかったですからね。そんな願いも込めて。

涼平:数年前からもう3人ともバラバラですけど、慶太は僕ら3人が一緒に住んでた頃からずっと言ってましたからね(笑)。

慶太:少しずつでも構わないから、ふたりのパートを増やしたくって。しかも、龍一くんも涼平くんも、すごく特徴的な声をしているので、「この曲は龍一くんが映える曲だ」とか「あ、こういうスタイルの曲は涼平くん、きっと苦手だろうけどあえて挑戦させよう」とか、そういう考えも浮かんできますからね。

涼平:ちょっと、初めて聞いたんだけど、それ(笑)。でも、『MOVE LIKE THIS』の頃は、「少しでも慶太を引き立てることができれば」って思って歌っていた部分もあるけど、今はそこにも自信がついてきたというか、変化は起きました。僕と龍一くんのボーカルで、また違ったw-inds.らしさを感じ取ってもらえたらうれしいですね。

――『MOVE LIKE THIS』の時は「声を加工されてもいいから、とにかく良質なダンスミュージックの作品を作りたい」という気持ちがあったと話していましたが、前作『Timeless』から踏襲している80’sフレイヴァーある作品からは、w-inds.の人間味というか、人情すら感じさせますよね。

慶太:『MOVE LIKE THIS』を制作していたときは、とにかくサウンド重視でした。でも、『Timeless』からは楽曲の要となる“歌”がよくないと音楽としての良さが最大限に活きないと感じて、そこに注力してレコーディングに臨んできました。そういった意味でも、『Blue Blood』はいま僕らが持っているすべてのスキルを出し切れたと思います。

龍一:チャンスと時間が与えられていたら、アルバムは倍以上の曲数になったんじゃないか? というくらい、充実した制作でした。もちろん、生みの苦しみもあったけど、誰かが作った道の上を歩くのではなく、僕らが作った道の上を堂々と歩けていることは、本当に満足できています。チャート1位を目指すのではなく、長く愛されるアルバムになってもらいたい作品です。

慶太:アルバムを聴いてもらえる機会さえあれば、気に入ってもらえる自信がある。その機会をどれだけ長いスパンで作っていくかが、僕らの役目だと思うんです。昔から作品のリリースは、発売日に一気に売れてチャート上位にランクインすることが美学とされているかもしれないけど、龍一くんが話すように、僕は初動が悪くても、これからも長く愛されるアルバムを作っていきたい。曲が本当によければ、それは広く伝搬されていくと思うから。より多くの人の耳に『Blue Blood』が届くことが、今作の成功だと僕は考えています。

(取材・文=佐藤公郎)

■リリース情報
w-inds.『Blue Blood』
発売:7月8日(水)
価格:初回盤(CD+DVD)¥3,565円(+税)
   通常盤(CD)   ¥2,778円(+税)

1. Beyond The Blue World
2. In Love With The Music
3. Show You Tonight
4. LOUD
5. I’m all yours
6. CANDLE LIGHT
7. Cat Walk
8. This is the Life
9. The Right Thing
10. 1 3 4
11. TIME TO GETDOWN
12. FANTASY

■関連リンク
w-inds.公式HP

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「インタビュー」の最新記事

もっとみる