AKB48島崎遥香、福井慶仁アナの芸人分析にダメ出し「つまんなかったです…」

 この日披露した楽曲で、ドキュメンタリー映画『DOCUMENTARY of AKB48 The time has come 少女たちは、今、その背中に何を想う?』の主題歌にも起用されている「愛の存在」について、峯岸みなみが「歌詞の中に<10年後の僕らへと 叫ぶ>というフレーズがあって、今年で10周年を迎えるAKB48の思いが詰まったメッセージソング」と、同曲の重要性について明かした。続けて小嶋陽菜は「私とたかみな(高橋)とみぃちゃん(峯岸)が1期生で、もう10年いるんですけど、今でもたかみなの真剣な顔を見ると笑っちゃう」と、高橋みなみがセンターを務めてシリアスな内容を歌う同曲について緊張感を解きほぐすようなコメントを発し、スタジオが笑いに包まれた。その後、AKB48は同曲を披露した。

 番組後半では、MCでもある西内まりやがアーティストとして登場。西内は新シングル『7 WONDERS』の表題曲を熱唱し、黒木が「この間登坂(広臣)くんとも話したんだけど、モデルさんとは思えないくらい歌が上手いよね」と西内の歌唱力を絶賛し、番組が終了した。

 AKB48が10周年へ向けた決意の楽曲を披露し、西内が普段とのギャップを見せつけた今回の放送。次回はトークゲストに向井慧(パンサー)と菊地亜美、アーティストは華原朋美と槇原敬之を迎える予定だ。

(文=向原康太)

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「アーティスト情報」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる