>  >  > 『ブラック・ファイル』特別映像

A・ホプキンス & A・パチーノ共演シーン初公開 『ブラック・ファイル』特別映像

関連タグ
アル・パチーノ
アンソニー・ホプキンス
イ・ビョンホン
シンタロウ・シモサワ
ジョシュ・デュアメル
ブラック・ファイル  野心の代償
マリン・アッカーマン
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ジョシュ・デュアメル主演作『ブラック・ファイル』より、アンソニーホプキンスとアル・パチーノの共演シーンが公開された。

 本作は、ホラー映画『THE JUON/呪怨』や海外ドラマ『クリミナル・マインド 特命捜査班レッドセル』を手掛けたプロデューサー、シンタロウ・シモサワの初監督作品。『トランスフォーマー』シリーズのジョシュ・デュアメルをはじめ、アル・パチーノ、アンソニー・ホプキンス、イ・ビョンホンらの共演が話題を呼んでいる。

『ブラック・ファイル』

 この度公開された映像は、主人公ケイヒル(ジョシュ・デュアメル)が勤める弁護士事務所の代表チャールズ・エイブラムス(アル・パチーノ)と、巨大製薬会社のCEOであるアーサー・デニング(アンソニー・ホプキンス)が並んで登場するシーン。裁判所での審理の前に証言を記録し書面化する、“証言録取”を行う模様が映し出されていく。

 監督のシンタロウ・シモサワは、アンソニーとパチーノの共演について「初共演だからといって共演シーンを乱発するのではなく、重要なシーンに限定したかった」と語っている。また、ふたりの現場での様子については、ホプキンスはスタッフとの距離が近く、スタッフにいたずらを仕掛けるお茶目な一面があったと明かす。

 一方、アル・パチーノは現場でアドリブを連発していたと語り、本作のクライマックスで、シェイクスピアの詩を使って主人公に忠告するシーンは、アル・パチーノ自ら提案したシーンだとコメントしている。

■公開情報
『ブラック・ファイル 野心の代償』
2017年1月7日(土)、新宿ピカデリーほか全国公開
監督:シンタロウ・シモサワ
脚本:アダム・メイソン、サイモン・ボーイス
製作:エレン・ヴァンダー
音楽:フェデリコ・フシド
出演:ジョシュ・デュアメル、アンソニー・ホプキンス、アル・パチーノ、イ・ビョンホン、アリス・イヴ、マリン・アッカーマンほか
提供:カルチュア・パブリッシャーズ
配給:松竹メディア事業部
2015/アメリカ/106分/シネスコ/原題:MISCONDUCT
(c)2015 MIKE AND MARTY PRODUCTIONS LLC.ALL Rights Reserved.
公式サイト:http://blackfile.jp/

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版