>  >  > 『ブルーに生まれついて』本編特別映像公開

『ブルーに生まれついて』本編特別映像、イーサン・ホークが名曲を歌い上げる

関連タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 11月26日公開の映画『ブルーに生まれついて』より、本編特別映像が公開された。

 本作は、『6才のボクが、大人になるまで。』のイーサン・ホークが、トランペット奏者チェット・ベイカーを演じた伝記映画。麻薬に溺れどん底の生活を送っていたベイカーが、ひとりの女性と出会い、愛と償いの機会を模索する模様を描く。

『ブルーに生まれついて』本編特別映像

 このたび公開された本編特別映像は、ホーク扮するチェット・ベイカーが、代表曲「マイ・ファニー・ヴァレンタイン」を歌うシーン。麻薬によって落ちるところまで落ちたベイカーが、音楽関係者や恋人のジェーンを前にスタジオで録音をする様子が、2分52秒にわたり、1曲丸ごと映し出されている。

■公開情報
『ブルーに生まれついて』
11月26日(土)、Bunkamuraル・シネマ、角川シネマ新宿ほかにて全国ロードショー
監督・脚本:ロバート・バドロー
出演:イーサン・ホーク、カルメン・イジョゴ、カラム・キース・レニー
サウンドトラック:ワーナーミュージック・ジャパン
配給:ポニーキャニオン
(c)2015 BTB Blue Productions Ltd and BTBB Productions SPV Limited.ALL RIGHTS RESERVED.
公式サイト:http://borntobeblue.jp/

「『ブルーに生まれついて』本編特別映像、イーサン・ホークが名曲を歌い上げる」のページです。の最新ニュースで映画をもっと楽しく!「リアルサウンド 映画部」は、映画・ドラマ情報とレビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版