>  > 武田梨奈、過激シーンへの挑戦を語る

『木屋町DARUMA』インタビュー

武田梨奈が明かす、過激シーンを乗り越えた心境「落ちる所まで落ちて、見いだせる強さもある」

関連タグ
寺島進
木屋町DARUMA
武田梨奈
遠藤憲一
邦画
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
20151008-daruma-main.jpg

 四肢をなくした元ヤクザ・勝浦茂雄の壮絶な生き様を描いた問題作『木屋町DARUMA』(榊英雄監督)が、10月3日より公開されている。大手出版社が軒並み刊行を拒んだという丸野裕行の小説を映画化した本作では、勝浦茂雄役の遠藤憲一が鬼気迫る怪演を見せているほか、三浦誠己や武田梨奈といった俳優たちも、生々しい体当たりの演技で自身の新境地を切り拓いている。今回、リアルサウンド映画部では父親の借金を返済するために風俗嬢となる娘、新井友里役を演じた武田梨奈にインタビューを行った。前回のインタビュー【武田梨奈が語る、女優としての次のステップ「アクションだけではない、奥行きのある演技がしたい」】にて、人間の暗部も表現できる女優になりたいと語っていた彼女は、過激なシーンの数々にどのような心境で挑んだのかーー。

「卑猥な台詞を言うのは、かなり自分と格闘する必要があった」

ーーまずは今作に出演することが決まったきっかけを教えてください。

武田:よく共演している島津健太郎さんからお花見に誘われて、行ってみたら監督や役者さんなど、映画人がいっぱいいて、恐縮だなと思いながら隅っこでご飯を食べていたら、「君、武田梨奈さんだよね?」って、今作に出演してキャスティングも手がけている木下ほうかさんが話しかけてくださったんです。それで、「今度、こういう映画を撮りたいんだけど、よかったら台本を読んで感想をちょうだい」って、台本を渡されて。読んでみたら、正直なところ感想が言い難い作品だったのですけれど、これに出演すれば役者としての幅が広げられるんじゃないかな、とも思いました。事務所の人にそのことを伝えたら、最初は首をかしげられたけれど、話し合いの末に出演することになりました。

ーー前回、『TOKYO CITY GIRL』のインタビューの際に、武田さんは人間の暗部も表現できるような奥行きのある女優を目指したいと語っていました。今作は裏社会を描いた作品ということもあり、かなり過激なシーンもたくさんありましたね。

武田:そうですね。現場では、遠藤憲一さんが演じる手足のないヤクザの勝浦茂雄と初めて会う冒頭のシーンから、榊監督はじめ、皆さんにはかなり追い込んでいただきました。借金取り立ての嫌がらせとして、新井家に勝浦がやってくるんですけど、私が演じた女子高生の新井友里は、いきなり勝浦にセクハラをされるんです。でも、私は大先輩方との共演ということもあり、緊張していてなかなか殻が破れなくて、何度もNGを出してしまいました。どうしても“お芝居”にしかならなくて、榊監督には「お前はもう帰れ!」って、何度怒鳴られたことか。とにかくずっと怒られっぱなしの現場で、精神的にもかなり追い詰められました。でも、遠藤さんをはじめ、ほかの役者さんたちは「大丈夫だよ、何回だって付き合うから」って言ってくださって……飴と鞭の多い現場で、だからこそ得るものも大きかったように思います。もちろん、どの作品のどの役柄にも難しさはあるけれど、個人的にはこれまでの作品の中で一番、葛藤の多い作品でした。

ーー冒頭のシーンは、もはや演技には見えなかったです。

武田:かなりショッキングなシーンですよね。皆さん、ベテランの役者さんなので、どんどんアドリブを入れてくるんです。おかげで、自分が思っている以上のリアクションが出てきたのかなって思います。

20151008-daruma01.jpg

ーーヒステリーを起こして暴れたり、男性を挑発したり……とにかくこれまでの武田さんでは考えられないシーンの連続で、観たひとはかなり驚くと思います。

武田:普段、生活をする中であそこまで感情をむき出しにすることはないから、本当に難しかったです。特に私は、小さい頃から空手をやっていて、感情をコントロールして表に出さない訓練をしてきたので、余計に難しく感じたように思います。空手の試合では、たとえ痛くてもそれを顔に出してはいけなくて、練習中も絶対に泣いてはいけないんです。泣くときは、トイレに行って誰にも見られないように泣けって教わってきたから、あんな風に人前で叫んで暴れたのは、初めての経験でした。自分の中にあった感情のキャパシティを超えた感じで、後半は自分でも何をしたのか覚えていないくらいです。カットがかかった瞬間、方言を指導してくれている方に「よくあんな言葉、アドリブで出てきたね」って言われて、本当に無意識で暴れていたんだなって。それくらい追い込まれたし、そういう空気を作ってくれた先輩方のおかげで、これまでに見たことのない自分に出会えたんだと思います。

20151008-daruma03.jpg

ーー普段、毅然とした印象の武田さんが演じたからこそ、衝撃的なシーンになっていたと思います。後半、風俗嬢にすっかりなりきって、父親に卑猥な言葉を次々と投げかけるシーンもすごかったですね。

武田:やっぱりあのシーンは一番葛藤しましたね。木下ほうかさんや榊監督には、「女の色気をムンムンに出してほしい。無垢な少女から豹変してほしい」って言われていて、「一回キャバクラにも行ってみたら?」とも提案されていました。キャバクラで働きこそしなかったんですけど、普通は女の子がひとりで行けないような夜の街に行ったりして、なんとかその空気をつかもうと努力はしましたね。皆さんから「本当にこのセリフを武田が言えるのか?」って心配されていて、それも悔しかったから、なんとか覆したかったんです。それで、吹っ切れてあのシーンをやったら、カットがかかった瞬間、寺島進さんが走ってきて、「お前、いったいなにがあったんだ?」って驚かれました。あれほど卑猥な台詞を言うのは、かなり自分と格闘する必要があったけれど、結果的に強烈なシーンになったと思います。正直、親に見せられるかなって不安はありますが(笑)。

     
  • 1
  •  
最新作品レビューもっと見る

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版