>  >  >  > Shakatak

Shakatak

(シャカタク)

『Night Birds』で81年にデビューして以降、常に第一線のポジションをキープするUKジャズ・ファンク/フュージョン界の大御所グループ。年に一度は来日してツアーを果たしているので、日本でも膨大なコア・ファンを抱えている。
もろにジョー・サンプルを意識したと思われる、流麗なピアノ・フレーズが鮮烈な「ナイト・バーズ」は世界中で大ヒットしたが(日本では当時のサーファーのマストBGMであった)、ジャズに疎いリスナーでもいたって気楽に心地よく聴けるサウンドゆえの成功だろう。もちろん16ビートで揺れる確実なリズム・ギターやシルキーなピアノは高度な職人技を擁しているが、これみよがしなテクニック志向は皆無で、とにかくスムースなグルーヴを信条としているのだ。だからこそ、どんなシチュエーションにも全方位で対応可能。ドライブ、ベッドルーム、クラブ、酒場——そして朝でも夜でも効力を発揮する。これぞ、いい意味でBGMの本来あるべき姿と言えるのではないか。
最新作は01年にリリースされた『Under Your Spell』。瞬時にして空気が浄化されるようなクリスタル・サウンド(この言い方かなり古いと思うのだが、他に当てはまる表現がない……)は微塵も変わらず。20年以上この道を極めてきたグループならではの洗練が十二分に感じられる。

制作協力:
OKMusic

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版