>  >  >  > Phillip Walker

Phillip Walker

(フィリップ・ウォーカー)

ルイジアナ出身ながら50年代よりウエスト・コーストで活動し始め、ロンサム・サンダウンやロング・ジョン・ハンターのサイド・ギタリストとして活動。一時期はクリフトン・シェリエのザディコ・バンドに在籍していたこともあるという。
ソロ・アーティストとしては、50年代後半あたりからちょこちょこと録音していたが、その名を知らしめたのは、1stアルバム『The Bottom Of The Top』(73年)によってである。<プレイボーイ>(あのウサギのやつです)からリリースされたこの作品は、サム・クックのカヴァー/ロッキン・ブルース/ライトニン・ホプキンス調の弾き語り……などヴァラエティに富んだ内容を、ウォーカーの骨太な歌と泥臭いギターが1本筋を通すタフな仕上がり。70年代モダン・ブルースを代表する1枚に数えられる傑作だ。
その後も80〜90年代とコンスタントにアルバムを発表し、現役ブルース・マンの重鎮として活躍。97年には来日を果たし、日本のブルース・ファンを唸らせた。

制作協力:
OKMusic

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版