> Percy Mayfield

Percy Mayfield

(パーシー・メイフィールド)

パーシー・メイフィールドはアメリカ西海岸が誇る、素晴らしく洗練されたブルース歌手であり、また初期のR&B界における最も素晴らしいソングライターでもあった。彼のさりげないヴォーカル・スタイルは「メモリー・ペイン」や「Life is Suicide」そして「Hopeless」といった失意と絶望のどん底を歌った曲とピッタリとマッチした。50年代初期に急速にビッグ・スターになりつつあった頃、パーシー・メイフィールドは悲劇的な交通事故に遭い、彼のハンサムなルックスは損なわれてしまったが、幸運にも彼の素晴らしい声は全くダメージを受けずに済んだ。その後パーシー・メイフィールドが作曲した「Hit the Road Jack」を始めとする歌の数々はレイ・チャールズにレコーディングされ、大きく花開いた。パーシー・メイフィールド作曲による「プリーズ・センド・ミー・サムワン・トゥ・」は今やポップス界とジャズ界の両方でスタンダード・ナンバーとして数多くのアーティストによってレコーディングされている。

制作協力:
OKMusic

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版