>  >  >  > Money Mark

Money Mark

(マニー・マーク)

ビースティ・ボーイズ第4のメンバーとして、彼らの音楽性を大きく変えてしまうほどの影響を与え、その後もベックのツアーや、ジョン・スペンサー・ブルース・エクスプロージョンのアルバムに参加。その名を広く知られることとなった元大工さんのキーボード・プレイヤー、マニー・マークことマーク西田さん。彼は相当変わっています。そして、突き抜けています。「ソウルがありゃ機材の良し悪しなんて関係ない」と言い放つローファイ魂を炸裂させ、エモーショナルな歌声と、流行やカテゴライズを無視したおっとりうっとりサウンドを無邪気に奏でます。ときには、オモチャのレコード・プレイヤーでスクラッチしたり、マイクや葉っぱをくわえて唸ったりと、もうやりたい放題。ロック? ジャズ? ファンク? ヒップホップ? 50’s? 60’s? 70’s?……などと考えている間もなく、あら不思議、皆さんは奇妙な異次元空間へとズルズル引き摺り込まれてしまうのです。近所にこんなオジサンがいたら、さぞ愉快なことでしょう。
そんな彼のサウンドは、95年、イギリスの名門<Mo’Wax>レーベルのオーナーであるジェームス・ラヴェルの耳をとらえます。バスルームやキッチンにて録音されたという1stアルバム『マークス・キーボード・リペア』を、98年にはテクノロジーを導入した2ndアルバム『プッシュ・ザ・ボタン』を発表し、“オルタナティヴ界最高のサウンド・プロデューサー/メロディー・メイカー”と称されるほどの高い評価を集めます。しかし01年リリースの『チェンジ・イズ・カミング』では全編をインストで構成、これまでの作品とは趣を異にするなど、おじさんはこちらの予想通りには動きません。その後も『ファーザー・デモ・スクエア』(05年)のリリースに加え、ベック、ジョン・スペンサー・ブルース・エクスプロージョン、トミー・ゲレロ、オノ・ヨーコといったビッグ・ネームとの共演、そして<BATHING APE>、<addidas>といった人気アパレル・ブランドとコラボするなど、幅広いフィールドでその才能を発揮してきました。07年には、サーフ・ミュージック界のスーパー・カリスマ=ジャック・ジョンソン主宰の<Brushfire Records>への移籍第1弾となる『ブランニュー・バイ・トゥモロウ』をリリース。土臭さの混じった独特な浮遊感が漂う、“ストリート・カルチャーのカリスマ”ならではのアコースティック・サウンドを聴かせてくれています。

制作協力:
OKMusic

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版