>  >  >  > 金子マリ

金子マリ

(カネコマリ)

日本ロック史に残る名ヴォーカリスト、金子マリ。“下北のジャニス”なる異名をもつ。そのブラック・フレイヴァーに満ちたパワーみなぎるヴォイスは強烈にして無比。数多くのフォロワーを輩出し続けている。
70年代前半、伝説のロック・バンド「スモーキー・メディスン」に参加、正式な音源リリースはなかったものの圧倒的なライヴ・パフォーマンスでカルト的な人気を博した。その後、スモーキー・メディスン時代から盟友・鳴瀬喜博と共に「金子マリ&バックス・バニー」を結成。76年に『MARI&BUX BUNNY』でデビュー。ファンク/フュージョン/ソウル/ロックが一体となったサウンドとマリの力強い歌声が拮抗する、この屈指の名盤はセールス的にも成果を残した。計3枚のスタジオ・アルバムと1枚のライヴ・アルバムを発表し解散。以降は、ソロ・アーティストとして活躍している。また、彼女は現RIZEのドラマー金子統昭の母親。何だか感動的である。

制作協力:
OKMusic

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版