>  >  >  > Francoise Hardy

Francoise Hardy

(フランソワーズ・アルディ)

70年代前半に「さよならを教えて(Comment Te Dire Adieu)」「もう森へなんか行かない(Ma jeunesse fout l’camp)」で一大ブームを巻き起こしたフランソワーズ・アルディ。サラサラのロング・ヘア、ノーブルで気品あふれる容姿、ため息まじりの歌声——そのすべてが完璧であったのだ。思春期特有のためらいが封じ込められたつとに感覚的な詞世界と脆弱なムードは、「クイーン・オブ・アンニュイ」と呼ぶにふさわしい。
長い期間にわたってコンスタントにアルバムを作り続けていたアルディだが、88年に歌手引退宣言。アルバム『DECALAGES』以降は一線から退くかたちに——。しかし90年代初頭に「プロフィール」「痛くても」の2曲を新作として発表し、94年にはブラーのデーモンからの熱心なラブコールにより、「To The End」でデュエットを実現。この仕上がりに満足してか、96年にはブリット・ロックの色濃いアルバム『ル・ダンジェ〜危険な香り』で本格的なカムバックを果たしている。詩的で抑制の利いた歌は何度聴いても、心を洗われるような効果が絶大だ。とりあえず心地よい夜を過ごすために、アルバムのいずれかを必携しておいて損はない。
44年生まれ、本人いわく“デーモン似”の息子の母でもある。

制作協力:
OKMusic

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版