>  >  >  > Don Prestonの情報

Don Prestonの情報

(ドン・プレストン)

レオン・ラッセル&ザ・シェルター・ピープルのギタリストとしても知られる。他にもセッション・ミュージシャンとして、ジョー・コッカー/ドン・ニックス/J.J.ケール/デイヴ・メイソン/ダニエル・ムーアのレコーディングに参加したのをはじめ、ジョージ・ハリスンの"バングラディッシュ・コンサート"にも出場。——70年代のL.A.スワンプ・コネクションを支えた名脇役といえよう。
ソロでは、ドン・ニックスがプロデュースで参加した1st『Bluse』(69年)や自らのバンド、ザ・サウスとの『Hot Air through a Straw』(69年)などがあるが、オススメはレオン・ラッセル主宰の<シェルター>からリリースされた74年の『Been Here All the Time』。
ラッセルやニックスに較べると、よりブルース色が濃厚なサウンドをコッテリと展開。またそんな中に、ジョージ・ハリソン風のポップな味付けのナンバーがあったりするのも、英国の影響が南部のミュージシャンにどのように及んでいるかを知る上でも興味深いだろう。
80年代にも『Sacre Blues』というアルバムを発表したが、それ以降の消息は一切不明だ。

制作協力:
OKMusic

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版