>  >  >  > 徳武弘文

徳武弘文

(トクタケヒロフミ)

山下達郎が在籍していた「サーフィン・ラビット」や、南佳孝と大貫妙子が在籍していた「三輪車」など、現在のビック・アーティストがシーンで活動していた時代——。大学生であった徳武弘文は、矢野誠の家へ出入りするようになり、「ブレッド&バター」のコンサートのサポート・メンバーとなった。その後、「少年探偵団」を経て、「ラスト・ショウ」を結成。アメリカン・ルーツ・ミュージックを鋭いセンスと抜群のバランス感覚でブレンドし、見事なまでのポップ・ミュージックを築きあげたのだ。「ラスト・ショウ」は「ムーンライダーズ」とも親交が深く、いい意味で刺激しあって、サウンドに磨きをかけていた。以降も、徳武 弘文はさまざまなレコーディングやライヴを経て、「Dr.K PROJECT」という音楽集団を結成——現在も精力的に活動を続けている。

制作協力:
OKMusic

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版