>  >  >  > Counting Crows

Counting Crows

(カウンティング・クロウズ)

カリフォルニア州、バークレイ・ヒルズをベースに活動するカウンティング・クロウズは、アダム・ダーリッツ(vo)、マット・マーレイ(b)、スティーヴ・ボウマン(Dr)、チャーリー・ギリンハム(hammond organ&key)、ダン・ヴィックリー(g&mandolin)により結成される。93年のデビュー・アルバム『オーガスト・アンド・エヴリシング・アフター』はルーツ・ロックの重鎮、Tボーン・バーネットをプロデュースに迎え、R&Bの要素とカントリー・ロックを混ぜ合わせたようなダウン・トゥ・アースな作品となり、デビュー・アルバムとしては驚異的な600万枚を売り上げる。初期の彼らはマスコミから、ヴァン・モリソンやザ・バンドとの類似点を指摘されるが(実際、ダーリッツのヴォーカル・スタイルはヴァン・モリソンにそっくりだが)、ダーリッツはそれらのミュージシャンを称賛しつつも、単なるレトロ・バンドではないことを強調している。96年のアルバム『リカヴァリング・サテライツ』は、ビルボード・アルバム・チャートで1位を獲得。その後、99年の『デザート・ライフ』では、よりカントリー/フォーク色が強まるとと共にバンドの演奏も円熟味を増し、ひとつのピークに達した感がある。

制作協力:
OKMusic

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版