>  >  >  > Cecil Taylorの情報

Cecil Taylorの情報

(セシル・テイラー)

アヴァンギャルド・ジャズの巨人セシル・テイラーはオーネット・コールマンの活動以前からフリーな即興の実験に着手していた。鍵盤を叩きつけるブギ・ウギからドビュッシー的な印象主義の世界にいたるまで、聴く者にめまいを起こさせるような熱狂的なピアノ演奏を披露した。それは20世紀に試みられたありとあらゆるピアノ演奏をカバーしているといっても過言ではない。ビバップを発展させた初期の実験的演奏においても、その鋭く常識はずれなリズム感には息を呑む。ピアノを打楽器として使うなんてムリだと思う人もいるかも知れないが、鍵盤に殴りかかるテイラーの演奏を聴いてみるといい。テイラーはアルトサックスの名奏者ジミー・ライオンズと活動をともにすることが多かったが、ときにはソロとして演奏をすることもあった。また、より大きな集団的プロジェクトを仕切ることもあるが、66年発表のドラム奏者アンドリュー・シリルをフィーチャーした名盤『ユニット・ストラクチャーズ』のように、そこで生み出される音楽は驚嘆の一言だ。音が過剰にごった返しているにもかかわらず、ピアノ奏者をもうひとり加えるというその徹底ぶりを聴いてみたいなら、不当なまで評価されることが少ないピアノ奏者メリー・ルー・ウィリアムズとの競演などがお薦めだろう。

制作協力:
OKMusic

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版