>  >  > 乃木坂46生駒、3期生にアドバイス

乃木坂46 生駒里奈、3期生にアドバイス 「反省はして良いけど、自分のことは責めなくて良い」

関連タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 4月22日放送の『乃木坂工事中』(テレビ東京系)では、「20thシングル『シンクロニシティ』ヒット祈願キャンペーン」の模様がオンエアされた。

乃木坂46『シンクロニシティ』(TYPE-C)(DVD付き)

 今作で卒業する生駒里奈に加え、3期生の久保史緒里、大園桃子、山下美月、与田祐希、さらにスペシャルゲストとして星野みなみが山梨県・乾徳山の登山に挑戦。これまで何度もヒット祈願に参加してきた星野は、「生駒ちゃんも今回で卒業だし、私もヒット祈願は今回で卒業しようと思って。(3期生に)伝授して、みんなに次は託そうかなと思って」と最後の挑戦にしようとしていることを語った。乾徳には“常に前にすすもうとする精神”という意味があることに触れ、「今後の乃木坂のためにも、ヒット祈願にもピッタリ」と生駒。今回の登山は『46時間TV』から1日後の朝という過酷なスケジュールに。生駒は「芸能人ってそういうことなんですね。(スケジュール的に)無理じゃんっていうのをやっちゃう。それを学んだ7年間でした」と総括した。

 登山から30分後、早くも無言になるメンバーに生駒は「こんなに黙ってちゃ30分持ちません!」と檄を飛ばす。星野が「今日は私が喋ります、いっぱい。転ぶ人もあんまりいないから……」と言うと、生駒は「危険をさらしてまでコケ芸をしてくれた(秋元)真夏に感謝します」とメッセージを伝えた。

 最後の登山を通じ、3期生に何か伝えるため、本音で話そうとする生駒。3期生単独ライブでのMCについて大園は「ストレスでした!」と発言し、「自分見直すと、どんどん自分イヤになっちゃって……」と語ると、初選抜でフロントとなった山下はまだ実感が湧かないとしながらも、「毎日楽しいからこのままで良いかなって思ってます」と言った。一方、まだ楽しむ余裕がないという久保に対し、生駒は「どうしたら良いんだろう? っていう気持ちも持つことは大事だと思う」「今大変でも、そのうち楽になると思う」とアドバイス。さらに与田からいっぱいいっぱいになった時はどうするかと質問されると、「最初の1〜2年は耐えられなくて、4時間ぐらい謎に泣いて朝まで寝れなかった、2年ぐらい。そっから何か『スンッ』ってなって、ある日突然何にも痛みを感じなくなりました」と経験談を語り、「反省とかはして良いけど、自分のことは責めなくて良いって思いました」と後輩たちに伝えた。

      

「乃木坂46 生駒里奈、3期生にアドバイス 「反省はして良いけど、自分のことは責めなくて良い」」のページです。の最新ニュースで音楽シーンをもっと楽しく!「リアルサウンド」は、音楽とホンネで向き合う人たちのための、音楽・アーティスト情報、作品レビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版