>  >  > コブクロ、歌の力発揮したツアーファイナル

『KOBUKURO LIVE TOUR 2017“心”』さいたまスーパーアリーナ公演

コブクロにとって“今”は常に通過点だーー2人の歌の力が発揮されたツアー最終公演

関連タグ
コブクロ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 最新シングル『心』を携え、約5カ月間で全国14都市30公演25万人を動員した『KOBUKURO LIVE TOUR 2017“心”』が、いよいよファイナルの地・埼玉へ到着した。2017年11月26日、さいたまスーパーアリーナ。円形に4本の花道が突き出した巨大なセンターステージと、2階席のてっぺんまで埋まった2万1130人の観客が作り出す光景が壮観だ。このツアーはシングルを中心に置きつつ、かなり自由なセットリストが組まれていると事前に聞いていたが、百聞は一見に如かず。場内が暗転すると同時に、新しいツアーグッズ、リストバンド型LEDライトの白い光が星の海のように客席を美しく染め上げる。黒田俊介と小渕健太郎の二人が歩いてステージに向かうのが、近くにいる観客の歓声でわかる。午後4時、開演の時は来た。

 1曲目はいきなり新曲の「君になれ」だ。小渕が弾くゴールドのレスポールがうなりを上げ、黒田がパワフルにシャウトする、緊張感みなぎるロックチューン。今はまだできなくていい、迷えばいい、でも“いつの日か本物の君になれ”と、反骨心を秘めた希望のメッセージが小渕らしい。続けてお馴染みのヒットチューン「虹」「君という名の翼」、さらに最新アルバム『TIMELESS WORLD』収録の「tOKi meki」へ、ビートの効いたミドル/アップテンポの曲を畳みかける。「tOKi meki」にはちょっとした振り付けがあるが、ふと見ると、弦カルテットの可愛らしい女性たちが楽し気に観客を煽っている。ドラムの河村“カースケ”智康、キーボードのヨッシーこと松浦基悦の、コミカルな動きがカメラに抜かれて笑いを誘う。ステージから発するぬくもりと笑顔が、広い空間にじんわりと広がってゆくのが見える。

「今回のツアーは何にもとらわれないツアーです。新しい曲も懐かしい曲もやります。一番上の人まで届くように歌うので、その手拍子と笑顔で僕らを指揮してください」(小渕)

 「紙飛行機」は、オールディーズポップスの香りがするハッピーな歌で、音に乗ってどこからともなく無数の紙飛行機が舞い降りる美しいシーンが見られた。『TIMELESS WORLD』の中でも指折りのドラマチックミドルバラード「SUNRISE」では、LEDライトで真っ赤に染まった客席に、朝日の如く輝きを増してゆく照明が映えた。最新シングル『心』のカップリング「HELLO, NEW DAY」では、珍しくクールな打ち込みのビートから、ラウドなロックギターが炸裂するサビの広がりへ、そして「スマーーーイル!」と、小渕の渾身の超ロングトーンに度肝を抜かれた。深い余韻の残る最高の歌唱……だったはずが、小渕の最後の決めポーズ「ストップ!」に黒田がツッコミを入れたところから、いつのまにか掛け合い漫才になってしまう、これもまたコブクロらしいライブの魅力。それにしても、今日の黒田のツッコミは冴えている。調子は良さそうだ。

 同じく『心』のカップリング「LIFE」では、小渕が丁寧に歌詞の解説をしてくれた。誰のための人生じゃない。自分のための人生を生きよう。ゆったりと弾むビートに乗せたシンプルなメッセージに、小渕の吹くハーモニカの柔らかい音色が良く似合う。続いて本日2曲目となるCD未収録の新曲「夏の雫」は、パーカッションのラムジーこと坂井秀彰の奏でる涼やかな風鈴の音色に導かれた、センチメンタルな夏のバラード。小渕の爪弾くガットギターの物悲しい旋律が、心の琴線とシンクロする。その次に熱唱型の冬のバラード「流星」を置き、同じバラードでも季節や感情の振り幅を見せながら、ライブはいよいよ最深部へと突入してゆく。

      

「コブクロにとって“今”は常に通過点だーー2人の歌の力が発揮されたツアー最終公演」のページです。>の最新ニュースで音楽シーンをもっと楽しく!「リアルサウンド」は、音楽とホンネで向き合う人たちのための、音楽・アーティスト情報、作品レビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版