>  >  > 『Augusta Camp 2017』を振り返る

杏子、山崎まさよし、秦 基博らコラボレーションで示した“絆” 『Augusta Camp 2017』振り返り

関連タグ
スキマスイッチ
杏子
さかいゆう
山崎まさよし
秦 基博
COIL
長澤知之
元ちとせ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 オフィスオーガスタ所属のアーティストが集結する毎年の恒例イベント『Augusta Camp』。9月23日開催の『Augusta Camp 2017』は昨年に引き続き、富士急ハイランド コニファーフォレストにて行なわれた。今年は全編オフィスオーガスタ所属アーティストのみが出演するコラボステージで、事前企画「あなたと作るオーガスタキャンプ」でリクエストの多かった楽曲がセットリストに組み込まれる、という新たな取り組みを行ったイベントとなった。

 オフィスオーガスタの“長男”的存在で今回のバンドマスターでもある山崎まさよしが「オーガスタキャンプ、始まるよー!」と客席に呼びかけ、福耳にとって5年ぶりの新曲「Swing Swing Sing」からライブがスタート。<踊れ 同じ今日なら/見てるだけじゃつまんないだろ>と煽るようなサビの歌詞はまさにイベントの始まりにふさわしいものだった。続いて今年初めてメインステージに出演した村上紗由里も迎えて全員で「DANCE BABY DANCE」(福耳)を披露し、アコースティックセットでの前半戦へ。

 村上がピアノ弾き語りで「あげます」、そしてギター1本で「落陽」を堂々と歌唱すると、秦 基博、浜端ヨウヘイ、松室政哉が“ハマハタヨウセイ”として歌ったのは「キミ、メグル、ボク」(秦 基博)。三人の柔らかな歌声が奏でるハーモニーに会場がじっくりと聴き入った。また岡本定義(COIL)が「夏はこれからだ!」(福耳)を歌唱した際には、コーラスを務める浜端、松室、村上がオリジナルの振り付けを見せる場面も。原曲よりもゆったりとしたアレンジとなり、アコースティックならではの魅力が溢れていた。

 さらに「“キャンプ”といえば大好きな曲が」という杏子のリクエスト曲「星に願いを」(山崎まさよし)に続き、スキマスイッチ、杏子、松室による「藍」(スキマスイッチ)へ。「藍」では大橋卓弥の伸びやかな歌声と杏子のハスキーボイスが、原曲とは異なる味わい深さを生み出していた。そして『Augusta Camp』の定番とも言える「セロリ」(山崎まさよし)では、スキマスイッチを中心に、山崎、秦、松室、あらきゆうこ、竹原ピストルが声を合わせてラップ部分を歌いし、会場を沸かせた。

「杏子、山崎まさよし、秦 基博らコラボレーションで示した“絆” 『Augusta Camp 2017』振り返り」のページです。>の最新ニュースで音楽シーンをもっと楽しく!「リアルサウンド」は、音楽とホンネで向き合う人たちのための、音楽・アーティスト情報、作品レビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版