>  >  > 2ndライブに見たAqoursの“独自進化”

『ラブライブ!サンシャイン!! Aqours 2nd LoveLive! HAPPY PARTY TRAIN TOUR』レポート

『ラブライブ!』プロジェクトにおける、Aqoursの音楽的な“独自進化”ーー2ndライブを機に紐解く

関連タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Aqoursが9月29日と30日、埼玉・メットライフドームで単独ライブ『ラブライブ!サンシャイン!! Aqours 2nd LoveLive!  HAPPY PARTY TRAIN TOUR』を開催。この公演は、Aqoursの音楽的特徴と、『ラブライブ!』プロジェクトの凄さを改めて体感するものだった。本稿では、30日公演をもとに、その模様を記したい。

 まず、Aqoursについて前置きしておくと、彼女たちは2015年2月の電撃G’sマガジンを皮切りに始動した、『NHK紅白歌合戦』出場や東京ドーム公演などの快挙を成し遂げたμ’sに続く、『ラブライブ!』の新プロジェクト『ラブライブ!サンシャイン!!』に登場する、静岡県沼津市・内浦で生まれたスクールアイドルグループだ。高海千歌役の伊波杏樹、桜内梨子役の逢田梨香子、渡辺 曜役の斉藤朱夏、松浦果南役の諏訪ななか、黒澤ダイヤ役の小宮有紗、津島善子役の小林愛香、国木田花丸役の高槻かなこ、小原鞠莉役の鈴木愛奈、黒澤ルビィ役の降幡 愛という9人で構成されている。

 彼女たちは、アニメーションPV(DVD&BD)付CDリリースのほか、イベント、雑誌、スマートフォン向けアプリ、TVアニメなど、オールメディアで展開を行なっており、最近では小宮が『週刊プレイボーイ』の表紙を飾ったり、伊波が『ナカイの窓』(日本テレビ系)に出演するなど、個人・グループでの活躍も著しい。

 そんなAqours、ライブに関しては今年2月に横浜アリーナで開催した1stライブ『ラブライブ!サンシャイン!! Aqours First LoveLive! ~Step! ZERO to ONE~』を経て、今回が初のツアーであり、本公演はそのファイナルを飾るもの。ライブは最新ナンバリングシングルのタイトルでありツアータイトルにもなっている『HAPPY PARTY TRAIN』にちなみ、汽車に乗ってAqoursのメンバーがメットライフドームへ向かうアニメ映像からスタート。「埼玉」を経由して、いまの勢いを示すように、汽車はトップスピードで加速したあと、9人がメットライフドームのステージへ降り立った。

 そのまま、アニメーションPVと連動する形で、果南役の諏訪がセンターを務める「HAPPY PARTY TRAIN」を1曲目に披露。「別れと新たな出会い」を歌ったこの曲は、TVアニメが1期を終え、2期がスタートするタイミングにぴったりの楽曲だ。そこからライブ向けのポップチューン「Pops heartで踊るんだもん!」で一気に観客のテンションも急上昇。この日初めてのMCでは、各々が自己紹介をしたあと、果南役の諏訪が衣装の飾りに付けられた笛でメンバーを操るというおちゃめな一面も垣間見ることができた。

(左から)高槻かなこ、逢田梨香子、鈴木愛奈。
降幡愛(左)と小宮有紗(右)。

 そこから、艶っぽいパフォーマンスも特徴的な、Aqours流フューチャーベース「少女以上の恋がしたい」を経て、この夏を盛り上げたシングル『ラブライブ!サンシャイン!! デュオトリオコレクションCD VOL.1 SUMMER VACATION』パートへ。スティールパンとサンバビートのトロピカルな響きが心地よい、梨子役の逢田、花丸役の高槻、鞠莉役の鈴木によるアッパーチューン「夏への扉 Never end ver.」、“黒澤姉妹”ことダイヤ役の小宮、ルビィ役の降幡は、フラメンコの要素も取り入れた振付も目立つラテン歌謡「真夏は誰のモノ?」で会場を盛り上げる。

 続けて、“曜アンドエンジェル”こと曜役の斉藤と善子役の小林が、ウクレレを持ってスタンドをトロッコで移動しながら歌ったAqours流サーフミュージック「地元愛♡満タン☆サマーライフ」でチルな雰囲気をもたらすと、千歌役の伊波、果南役の諏訪はクールなダンストラック「夏の終わりの雨音が」を歌い踊り、夏の余韻を残したメットライフドームにぴったりの楽曲を届けた。

 ここで、会場が暗転し、ビジョンにはゲーム内の「ストーリー」に近い内容の幕間映像が展開される。一件日常的な会話にも見えるが、合間に花丸による豆知識が挟みこまれたりと、地域性とキャラクターが連動した面白いコンテンツに仕上がっていた。

 その後歌われたのは、『ラブライブ!サンシャイン!! 』TVアニメ1期の第9話挿入歌「未熟DREAMER」。本編内では、三年生の3人が葛藤を乗り越え、Aqoursとして9人で初めて歌った曲だ。今回は後ろのビジョンには第9話のアニメーション映像が、舞台では9分割にされた舞台装置がそれぞれのカラーを映し出し、楽曲の持つ世界観をさらに増幅させる演出が施されていた。

      

「『ラブライブ!』プロジェクトにおける、Aqoursの音楽的な“独自進化”ーー2ndライブを機に紐解く」のページです。>の最新ニュースで音楽シーンをもっと楽しく!「リアルサウンド」は、音楽とホンネで向き合う人たちのための、音楽・アーティスト情報、作品レビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版