>  >  > 山田涼介、Mステ初登場の思い出語る

JUMP 山田涼介、Mステ初登場の思い出を告白「ジャニーさんにYOUの笑顔、気持ち悪いよって……」

関連タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 『ミュージックステーション』(テレビ朝日系)(以下、Mステ)の7月28日放送分に、NMB48、E-girls、西野カナ、BREAKERZ、Hey! Say! JUMP、UVERworldが出演した。

 1曲目にパフォーマンスしたのは、NMB48「まさかシンガポール」。8月30日に卒業を迎える須藤凛々花にとって、今回が卒業前最後のMステ出演。ラストパフォーマンスに寄せて須藤は、「ありがたいです、Mステさん。NMBとしても須藤としても最後のアイドルパフォーマンスだと思いますので、テレビのみなさんこれからもNMBをよろしくお願いします」とコメントした。

 デビュー10周年を迎えるHey! Say! JUMPは、グループ結成当初の曲である「真夜中のシャドーボーイ」「Your Seed」「Ultra Music Power」の3曲をメドレーで披露。トーク前に10年前の映像が流れた後、MCのタモリから「初登場、覚えてる?」と聞かれた有岡大貴は「初登場のミュージックステーション出ることを僕らも知らなくて。Hey! Say! JUMPで一緒にテレビを観ている時に、ミュージックステーションの次週予告で初めて知ったんです」と初出演時を振り返り、続けて「次の日のスケジュールしか教えてもらえなかったので、当時は。でも今はけっこう前々から出演することを教えていただけるようになりました」と10年での成長を語った。

      

「JUMP 山田涼介、Mステ初登場の思い出を告白「ジャニーさんにYOUの笑顔、気持ち悪いよって……」」のページです。>の最新ニュースで音楽シーンをもっと楽しく!「リアルサウンド」は、音楽とホンネで向き合う人たちのための、音楽・アーティスト情報、作品レビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版