>  >  > TOKIO、MC番組とメンバーの相性

TOKIO、MC番組とメンバーの相性が良いワケ 松岡昌宏も『二軒目どうする?』で酒好きキャラ発揮?

関連タグ
TOKIO
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 こう考えると、他番組でMCを務めているTOKIOの他のメンバーも、それぞれの良さを活かしているように感じる。『白熱ライブビビット』(TBS系)でメインMCを務める国分太一は「親しみやすい普通のお兄さん的ポジション」だ。難しいニュースも取り扱う情報番組だが、国分がいることでその取っつきにくさはグッと下がる。『ZIP!』(日本テレビ系)で月曜日・水曜日のメインパーソナリティを務める山口達也は「子を持つ親」としての視点が活かされている。相手の話をよく聞き、自分の中で噛み砕いて発言する様は見ていて安心感がある。『週刊ニュースリーダー』(テレビ朝日系)のメインMCを務める城島茂は「天然で愛されキャラのリーダー」。もちろん、城島の落ち着いた雰囲気も番組作りに一役買っているが、愛されキャラを活かしたコメントは番組の雰囲気を和やかにしている。

 このようにTOKIOのメンバーは自分らしさを最大の武器にしてMCの座を勝ち取っている。老若男女問わずに人気を集めているTOKIOだからこそ出来るMCに、今後も注目していきたい。

(文=高橋梓)

      

「TOKIO、MC番組とメンバーの相性が良いワケ 松岡昌宏も『二軒目どうする?』で酒好きキャラ発揮?」のページです。>の最新ニュースで音楽シーンをもっと楽しく!「リアルサウンド」は、音楽とホンネで向き合う人たちのための、音楽・アーティスト情報、作品レビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版