>  >  > ロックの“可能性”感じるバンドたち

森朋之の「本日、フラゲ日!」vol.32

ワンオク、ブルエン、ブライアン、ミセス、FIVE NEW OLD……2017年はバンドの活躍に期待!

関連タグ
ONE OK ROCK
JPOP
ROCK
バンド
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 世界を視野に入れた活動を続けているONE OK ROCK、昨年10月に初の日本武道館公演を成功させたBLUE ENCOUNT、2017年のブレイク候補の筆頭であるBrian the sun、Mrs. GREEN APPLE、そして、ジャンルレスな音楽性で注目を集めるニューカマー、FIVE NEW OLD。ロックシーンの豊かな可能性を感じさせてくれる5バンドの新作を紹介します!

 昨年6月に5 Seconds Of Summerのツアーに同行して20公演以上のアメリカツアーを行い、さらに9月に開催された静岡・渚園でのワンマンライブ2daysでは約11万人を動員。国内外で躍進を続けるONE OK ROCKの新作は、『Ambitions』というタイトル通り、さらなる野望、大志を生々しく反映させた作品となった。もっとも顕著なのは、音楽性の広がり。彼らのルーツであるモダンヘビィロック、エモを軸にしながらも、R&B、トロピカルハウスなどのテイストを取り入れることで、よりボーダレスなサウンドを体現しているのだ。日本向け、アメリカ向けではなく、可能な限り多くのリスナーに開かれた音楽を目指す。その真っ当なスタンスこそが、ワンオクの推進力になっているのだと思う。

ONE OK ROCK「We are -Japanese Ver.-」

 初の日本武道館公演を即日ソールドアウトさせ、NHKで特別番組が放送されるなど、2016年一気にブレイクしたBLUE ENCOUNT。シングル曲「はじまり」「Survivor」「だいじょうぶ」「LAST HERO」を含むニューアルバム『THE END』は、“エモーショナル・ロックバンド”というパブリックイメージを大きく逸脱したアルバムに仕上がっている。ドラマティックなメロディを軸にしたバラード「THE END」、アグレッシブなメロコアチューン「HEART」、ストレートなラブソング「涙」、そして、田邊駿一(Vo./Gt.)の人生がそのまま刻まれたラップ・ナンバー「city」。決して守りに入らず、オーディエンスにおもねることもなく、“とにかく、自分たちがやりたいことをやる”というモチベーションに貫かれた意欲作だ。

BLUE ENCOUNT「HEART」

 Brian the Sunの結成10周年のタイミングでリリースされるメジャー1stアルバム『パトスとエートス』。骨太という言葉が良く似合うロックバラード「Impromptu」、彼らのルーツのひとつであるアークティック・モンキーズの影響を感じさせる「Physalia」、鋭利にして多彩なバンドサウンドとともに、感情と道徳がせめぎ合う状態を描いたタイトル曲「パトスとエートス」など、バンドの独自性が色濃く反映された楽曲が並んでいる。地道なライブ活動によって、バンドとしてのスタイル、音楽性を磨き上げてきた彼ら。効率的に知名度を上げるのではなく、長く音楽を続けることを視野に入れながら、まずは地力を付ける。その真摯な姿勢こそがBrian the Sunの軸であり、その成果は本作にも確実に表れている。

Brian the Sun「パトスとエートス」

     
  • 1
  •  

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版