>  >  > 内田彩の勢いが止まらない

内田彩の勢いが止まらないーー武道館公演も発表したコンセプトライブをレポート

関連タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 内田彩が、5月28日にTOKYO DOME CITY HALLでコンセプトライブ『内田彩 CONCEPT LIVE 【Bitter Kiss】/【Sweet Tears】』を行なった。

20160604-uchida3.jpg

 

 同ライブは内田が2月にリリースしたコンセプトアルバム『Bitter Kiss』『Sweet Tears』をもとにしたもの。昼公演では、ロック・ゴシックな楽曲を多く収録する『Bitter Kiss』をベースに、バックバンドを従えたハードなライブを展開。夜公演では、四つ打ちのキュートなエレクトロポップを多く収録した『Sweet Tears』をもとに、内田が一人で縦横無尽にステージを駆け巡った。本稿では夜公演『Sweet Tears』の模様をレポートする。

 前半4曲は、「Floating Heart」「color station」「リードを外して」「笑わないで」と、『Sweet Tears』の収録曲を披露。カラフルなエレクトロポップ「Floating Heart」や、サビ前のEDM風パートで初披露となる振り付けを見せた「color station」、トランス風の「リードを外して」、シンガーソングライター・金子麻友美が手掛け、内田によるエフェクトの掛かったボーカルとリードシンセが切なさを強調する「笑わないで」と、同じ作品でも幅広い楽曲たちが並んでいることを改めて実感した。

20160604-uchida4.jpg

 

 曲間のMCで内田が「昼の部(『Bitter Kiss』)は汗だくになって終わったけど、夜は可愛い振り付けも入れつつ、みんなで音楽に乗るようなライブにできたら」とコメントしていたように、この日のライブは基本的にミドルテンポの楽曲で心地よい楽しさを与えながら、ときにじっくりとその歌声を聴かせるというもの。また、ライブの雰囲気も本人が「昼の部(『Bitter Kiss』)は頑張ってかっこいい自分を出すと宣言していたんですが、終わってからスタッフさんに『内田さん、2曲目からヘラヘラしてましたよ』と言われて(笑)。その反動でこっち(『Sweet Tears』)はヘラヘラしたいの」と語るように、良い意味で力の抜けた緩やかなものに仕上がっていた。

20160604-uchida5.jpg

 

 続けて細やかなシーケンスから徐々に盛り上がる「ピンク・マゼンダ」を披露した内田は、「さっきまでは苦いのかな、甘いのかなって曲をお送りしましたが、そういう切なカワイイ曲は『Sweet Tears』以外にもたくさんあります」と述べ、「Sweet Rain」「オレンジ」「Merry Go」「Breezinʼ」と1stアルバム『アップルミント』からの楽曲を次々にパフォーマンス。その後のMCで新たに販売がスタートしたパンフレットが早々に完売したことを明かしたあと、同じく新商品のペンライトについて「もう1種類光り方があるんです。ジワっと光るんだけど、これどこで使おうか迷ってるので募集中でーす!」とファンへ呼びかけ。有明コロシアムワンマンの際にも触れた(http://realsound.jp/2015/12/post-5519.html)が、内田のライブはファンとの心の距離感が非常に近く、“共に作り上げる”という言葉を体現していた。

 MC後には「私からサプライズをお届けしたいと思います!」と『Sweet Tears』から「Party Hour Surprise!」を披露。思わぬサプライズ(アクシデント?)にも見舞われつつ、甘さたっぷりのトイ・ポップで再び会場を和やかな空気で包んだあとは「みんなと甘い夢をいつまでも見ていられますように……」と切ないエレクトロポップ「Sweet Dreamer」を歌い上げ、最後に「へらへらしてても、失敗しちゃっても、いつも優しく迎え入れてくれるこの場所が、私にとってはスウィートでスウィートでスウィートでスウィートで、本当に素敵な場所になっています。今日はスウィートなドリームをたくさん見せてくれてありがとうございました!」と、曲名になぞらえてファンへの感謝を口にし、本編が終了した。

      

「内田彩の勢いが止まらないーー武道館公演も発表したコンセプトライブをレポート」のページです。>の最新ニュースで音楽シーンをもっと楽しく!「リアルサウンド」は、音楽とホンネで向き合う人たちのための、音楽・アーティスト情報、作品レビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版