>  > 指原莉乃が今一番欲しいものを明かす

指原莉乃、“上限なし”で現在一番欲しいものを明かす 「大分に家を建てたい」

関連タグ
HKT48のおでかけ!
JPOP
アイドル
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 HKT48の指原莉乃とフットボールアワーの後藤輝基が司会を務める冠番組『HKT48のおでかけ!』(TBS系)の2月4日放送分で、「専門学校ペット科でキャットマスターに挑戦」の模様がオンエアされた。

 同番組は、HKT48が地元ファン獲得のために福岡市やその近郊に「おでかけ」(ロケ)するというもの。番組冒頭、指原は2015年11月21日で23歳になったことについて「今回は後藤からプレゼントをもらっていない」と指摘。指原はかつて後藤から「チョココロネ型パンクッション」や「十二単ティッシュ」などを貰っていたことを明かしたうえで、今一番欲しいものとして「大分に家を建てたい」と提案した。これに対し、後藤は「すげぇな! とにかく上限ないな!」と驚き、その次に欲しいものをヒアリングすると、指原は「ギア付き自転車」や「炊飯器」を挙げ「上京して来てから7年間炊飯器使ってない」と告白する一幕も。

 その後、後藤が「もうすぐ俺、誕生日やからな!」と逆提案すると、指原は「わいに全部任しぃ」とコロコロチキチキペッパーズのコントのセリフで自信たっぷりに返答。しかし、後藤が「俺、去年何もらった?」と確認すると、指原は「あげてないです」と互いにプレゼントをあげていなかったことが発覚し、スタジオに笑いが起こった。

 VTRロケでは、メンバーを代表して村川緋杏がおでかけセンターを務め、福岡にある猫の専門学校に1日体験入学。動物が好きな村川はエキサイトしながらも猫をケージに入れ、猫を飼っている山下エミリーは徐々に猫との距離を縮めるなど、上手に接していた。一方、猫が苦手な松岡はなは、涙を流しながら猫に近づくが、あまりのリアクションにスタッフが強制終了させるというアクシデントも。

     
  • 1
  •  

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版