>  > 高田渡、トリビュートライブに井上陽水出演

高田渡トリビュートライブに井上陽水がゲスト出演 吉祥寺いせや公園店でフリーイベントも

関連タグ
高田漣
井上陽水
高田渡
フォークシンガー
弾き語り
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
150319_iy_a.jpg

井上陽水

 高田渡のトリビュートライブに、スペシャル・ゲストとして井上陽水が出演することが発表された。

 同イベントは、今年没後10年を迎える高田渡の様々なトリビュート・プロジェクトのメイン・イベントとして各地で行われる「Just Folks」の特別編(東京グローブ座)。井上はブレイク前の若い時に高田渡と何度も共演し、その関係は濃密で、彼にしか語ることのできないエピソードや思い出が多くあるという。当日はトーク・ゲストとして深い話が聞けそうだ。

 また、高田渡を語る上ではずすことのできないゆかりの地、吉祥寺いせや公園店にて4月22日にフリー・イベントも行われる。こちらは息子である高田漣が弾き語りとトークを行い、渡氏に思いを馳せるという。

 4月15日リリースのオールタイム・ベスト『イキテル・ソング~オールタイム・ベスト~』と、息子高田漣によるトリビュート・アルバム『コーヒーブ ルース~高田渡を歌う~』に先立ち、4月17日に発売となる17歳~21歳にかけての日記を収録した書籍『マイ・ フレンド―高田渡青春日記 1966-1969』のアートワークも決定。トリビュート企画は今後も続々と行われる予定だ。

■イベント情報
「高田渡トリビュートライブ“Just Folks”」
4月15日(水)岐阜編@岐阜・ワタルカフェ 開場18:00/開演19:00 Soldout
出演:高田漣(ソロ)

4月16日(木)京都編@京都・磔磔 開場18:30/開演19:00
出演:高田漣・伊賀航・伊藤大地・武川雅寛・他。

4月18日(土)特別編@東京・グローブ座 開場16:30/開演17:00
○第一部「高田渡を語る」座談会:高田漣、ゲスト:井上陽水 清野茂樹(司会)
○第二部「高田渡を噺す」落語:桃月庵白酒
○第三部「高田渡を歌う」ライブ:高田漣(Vo,G)・伊賀航(B)・伊藤大地(Drs) 武川雅寛(Vl,Tp,他)・関島岳郎(Tuba)・徳澤青弦カルテット ゲスト:ドレスコーズ

5月17日(日)博多編@福岡・LIV LABO 開場17:00/開演17:30
出演:高田漣・キセル他。

6月10日(水)広島編@広島・SHAMROCK 開場18:00/開演18:30
出演:高田漣・伊賀航

6月15日(月)名古屋編@名古屋・TOKUZO 開場18:30/開演19:30
出演:高田漣(Vo,G)・伊賀航(B)・伊藤大地(Drs) ゲスト:いとうたかお

6月17日(水)浜松編@浜松・ESQUERITA68 開場18:00/開演19:00
出演:高田漣(Vo,G)・伊賀航(B)・伊藤大地(Drs)

6月25日(木)信州編@長野・ネオンホール 開場19:00/開演19:30
出演:高田漣(ソロ)

6月26日(金)金沢編@金沢・もっきりや 開場19:30/開演20:00
出演:高田漣(ソロ)

フリー・イベント@吉祥寺いせや

■リリース情報
高田渡『イキテル・ソング~オールタイム・ベスト』
発売日:4月15日
価格:¥2,500+税
【収録曲】
1この世に住む家とてなく
2自衛隊に入ろう
3ごあいさつ
4自転車に乗って
5おなじみの短い手紙
6コーヒーブルース
7系図
8鉱夫の祈り
9私は私よ
10私の青空
11当世平和節
12火吹竹
13フィッシング・オン・サンデー
14ヴァーボン・ストリート・ブルース
15冬の夜の子供の為の子守唄
16ホントはみんな
17夕暮れ
18ブラザー軒
19生活の柄

高田漣『コーヒーブルース~高田渡を歌う~』
発売日:4月15日
価格:¥2,778+税
【収録曲】
1仕事さがし
2自転車にのって
3フィッシング・オン・サンデー
4ヴァーボン・ストリート・ブルース
5コーヒーブルース
6銭がなけりゃ
7ひまわり
8系図
9ブラザー軒
10生活の柄
11雨の日
12私の青空
13ホントはみんな
14おなじみの短い手紙
15くつが一足あったなら

『マイ・フレンド―高田渡青春日記1966-1969』 高田渡=著/高田漣=編 解説=中川五郎
発売日:4月17日(金)
価格:¥2,500+税 河出書房新社
17歳~21歳にかけての日記が発見された。まだ本格的にミュージシャン活動を始める前の高田渡自身の、そして日本フォーク・シーン黎明期の“青春の記録”ぼくは、今フォーク・ソングにすごく興味をもっている。そして、日増しに高くなってきている。本当に一生をかけようとこんなにつよく思った事はほかにはありません。ですから、絶対にモノにしてみせます。芸術は大衆の中から生れ、大衆の中に、大衆と共に生きるべきものです。ぼくはかならずやりとげます。何年かかっても……。 ──1966・3・16 高田渡(17 才)

トリビュート・プロジェクトオフィシャル

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版