>  >  > 乃木坂星野の特技に設楽感動

乃木坂46星野みなみの“意外な特技”に他出演者が驚愕 バナナマン設楽「感動ですね!」

関連タグ
乃木坂46
JPOP
アイドル
乃木坂って、どこ?
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 『乃木坂って、どこ?』(テレビ東京)の9月8日分にて、乃木坂46のメンバーが立てた夏休みの課題に挑戦する企画「1ヶ月でコレを成し遂げます 夏休みの課題大披露!」が前回に引き続いて放送された。

 同企画は、各メンバーが7月21日放送分で立てた「夏休みの宿題」が、果たして達成できたのかどうか確認するというもの(参照:乃木坂46松村沙友理、相撲好きアイドル宣言「決まり手を覚えられなければ、ちょんまげで収録に」)。達成できなかったメンバーには、あらかじめ設定していた罰ゲームが執行された。

 1番手の星野みなみは「フラッシュ暗算を5問連続で正解する」課題に挑戦。幼いころにフラッシュ暗算検定で二段を取得していた星野だが、月日が経つにつれ腕が鈍ったといい、この1ヶ月間で勉強をひたすら繰り返し、力を取り戻すべく努力したという。本番では5問を順調に正解し、普段のおっとりしたキャラクターからは想像もつかない実力を発揮。MCのバナナマン設楽統も「感動ですね!」と星野の成功を喜んだ。

 若月祐美は「『気付いたら片想い』をボイスパーカッションで披露」という課題に挑戦。若月はヒューマン・ビート・ボクサーとして音楽学校で講師を務める太郎から基礎部分を学ぶが、1日目で壁にぶつかってしまい、どの音も安定して出せないまま本番へと向かった。そして実践では、若月本人も納得とはいかない微妙な出来だったが、スタジオでこの様子を見守った太郎は、両手を丸の形に作り、合格を告げた。すると、若月は自分の不出来さに「ダメだ、全然ダメだー! 緊張しすぎて全く出来なくなってて…」と泣き崩れてしまうが、そんな彼女を見た設楽は「次はもっと出来るようになりましょうか」と慰め、太郎にもう一段階上の課題を出すように促した。その後、設楽が若月の罰ゲーム用にスタジオを訪れていたマッサージ師をスタジオに呼び込み「せっかく来てくれたから…生田ちょっと!」と、先日活動に復帰した生田絵梨花を指名。生田が「君の名は希望」を歌いながら足つぼマッサージで悶絶する様子を放送した。

     
  • 1
  •  

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版