>  >  > 復興支援を続けるミュージシャンたち

ホルモン「豚汁販売」チャリティーに5000人超 ミュージシャンたちの復興支援続く

関連タグ
マキシマム ザ ホルモン
HI-STANDARD
JPOP
ロック
復興支援
東北ライブハウス大作戦
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
20140414-horumon-05-thumb.jpg

ファンと握手を交わすマキシマム ザ ホルモンのメンバー。

 マキシマム ザ ホルモンが4月12日、メンバーの地元である八王子市の協力のもと、南大沢中郷公園にて「東日本大震災被災地支援イベント“マキシマム ザ ホルモンの東北こども応援大作戦”」を開催し、訪れたファンに「マキシマム ザ 豚汁」と「フランクフルト」をメンバーが手渡しで販売した。また、会場では東北復興支援商品である「GET UP PEOPLE!!タオル」の販売も行った。これらの商品の利益は全額、東北復興の子ども支援を主眼とした支援団体「ハタチ基金」へ寄付するとのことだ。同イベントはグループにとって、昨年2月に被災地に灯油を配布した「東北灯油大作戦」に続くチャリティーイベントとなる。

20140414-horumon-02-thumb-thumb.jpg

晴れやかな空模様の下、イベントは和やかに進行した。

 快晴に恵まれた当日、南大沢中郷公園には長蛇の列が。豚汁とフランクフルトは午前10時から販売の予定とのことだったが、最前列のファンに話を訊くと、朝5時から並んでいたとのこと。メンバーの地元ということもあってか、若者だけではなく、子ども連れのファミリーの姿も目立つ。会場にはマキシマム ザ ホルモンのノボリのほか、予襲復讐ツアーでも登場した「ババアの顔ハメパネル」も設置され、にこやかに記念撮影するファンの姿も見られた。予想を大きく上回る集客に「マキシマム ザ 豚汁」は、イベント開始1時間ほどで売り切れてしまったものの、「フランクフルト」はイベント終了時の2時まで売り続けられた。メンバーはフードを手渡しするとともにファンと握手を交わし、およそ4時間に渡って親交を深めた。すべてのフードを売りつくした後は、スタッフがメンバーを囲んでの記念撮影も行われ、集まったファンからは大きな拍手が起こった。

20140414-horumon-01-thumb-thumb.jpg

来場者は5000人を越えたとのこと。

 ロックミュージシャンによる東北チャリティーイベントや復興支援企画は、他にも多く行われている。マキシマム ザ ホルモンも賛同していて4月12日の“東北こども応援大作戦”にも参加していた『東北ライブハウス大作戦』は、その代表的なもののひとつだろう。ライブPAチームのSPCが中心となって始めたこのプロジェクトは、被災した宮古、大船渡、石巻にライブハウスを建てて、バンド、ミュージシャン、リスナーが東北を訪れることによって、互いに元気を分け合い「人と人を繋げる」ことを目的としている。HI-STANDARD、サンボマスターの山口隆、MAN WITH A MISSION、SPITZなど、名だたるロックミュージシャンも賛同し、サステナビリティのある復興支援活動として根付いてきた。USTREAMでの放送や、さまざまなイベントでのブース展開なども積極的に行っており、すでに同プロジェクトに馴染みがあるという音楽ファンも少なくないだろう。

     
  • 1
  •  

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版