L⇔Rの記事一覧

(1件)

健一、秀樹の黒沢兄弟と木下裕晴というトリオ編成で、91年にデビュー。あの嶺川貴子も、一時在籍していた。
彼らのサウンド・スタイルは、ビーチ・ボーイズやブリティッシュ・ビートなどに影響を受けたマニアックな音楽志向を、あくまでもJポップの文脈で鳴らすことにあった。特にメイン・ソングライター黒沢健一の作るメロディの美しさは、ブライアン・ウィルソンに匹敵すると洋楽ファンをも唸らせた。
「Hello,it's Me」「Kockin' On Your Door」などのヒットを飛ばすが、97年に突如の活動休止宣言。現在はメンバーそれぞれがソロ活動を展開している。