柴咲コウの記事一覧

(92件)

現在、ドラマやCMなどで脚光を浴びる柴咲コウが歌手としてもデビュー。これはニッポン放送の『柴咲コウ デビュー企画』よりスタートしたもので、1stシングルとなる「Trust my feelings」の歌詞はリスナーから募集された。彼女も、ドラマの中で垣間見せる勝気さを音楽活動に活かし、臆することない堂々とした歌いっぷりを印象づける。デビュー作にして、この卓越した表現力は、さすが女優。フジテレビ系ドラマ『ガリレオ』で共演した福山雅治との期間限定スペシャル・ユニットKOH+ではヴォーカルを担当している。03年には映画『黄泉がえり』のオリジナル・テーマ・ソングで、劇中に登場するカリスマ・ヴォーカリストRUI(柴咲コウ)が唄う「月のしずく」がオリコン週間シングルチャート1位/年間チャートでも3位を記録、100万枚を超える大ヒット曲となった。ほとんどの作品は柴咲自身が作詞を担当しており、04年8月にリリースされた6thシングル「かたち あるもの」(TBS系ドラマ『世界の中心で、愛をさけぶ』主題歌)をはじめ、06年2月に発売された9thシングル「影」(TBSテレビ系ドラマ『白夜行』主題歌)や、同年8月の10thシングル「invitation」(TBS系ドラマ『タイヨウのうた』主題歌)など、本人による歌詞は原作の内容をよく理解して作られており、作詞に関する評価も得ている。そして08年3月、曲順の選考などに直接関わった自身初のベスト・アルバム『Single Best』『The Back Best』を2枚同時リリース。『Single Best』はオリコン週間アルバムチャート1位を記録した。“色々な愛情に触れることができる映画の世界観を大切に”というコンセプトをもとに制作された映画『ドラえもん 新・のび太の宇宙開拓史』の主題歌「大切にするよ」をリリース。男性ファンのみならず、同年代の女性からも憧れの女性として絶大なる支持を得ている。

『エール』の魅力は多種多様なキャストの妙演にあり!? 朝ドラ近作の傾向から探る

『エール』の魅力は多種多様なキャストの妙演にあり!? 朝ドラ近作の傾向から探る

まもなく『エール』(NHK総合)が折り返し地点を迎える。先週放送の第11週「家族のうた」では、裕一(窪田正孝)が音(二階堂ふみ)…

『愛していると言ってくれ』に満ちた“90年代ドラマ”のエネルギー 北川悦吏子脚本を紐解く

『愛していると言ってくれ』に満ちた“90年代ドラマ”のエネルギー 北川悦吏子脚本を紐解く

かつての名作ドラマが続々と再放送されるなか、社会現象ともなった大ヒットドラマ『愛していると言ってくれ』(1995年、TBS系)が…

朝ドラ『エール』裕一は契約打ち切りのピンチ 「船頭可愛いや」から見える流行歌事情

朝ドラ『エール』裕一は契約打ち切りのピンチ 「船頭可愛いや」から見える流行歌事情

裕一(窪田正孝)は木枯(野田洋次郎)から作詞家の高梨一太郎(ノゾエ征爾)を紹介される。高梨は売れっ子作詞家であり、裕一に自身の詞…

NHKのリモートドラマ3作が伝えるもの コロナ以降のテレビドラマを示す作品に?

NHKのリモートドラマ3作が伝えるもの コロナ以降のテレビドラマを示す作品に?

新型コロナウイルス感染症による国難で、テレビ各局、ひいてはエンターテインメント業界全体が有史以来の危機を迎えている。春期ドラマが…