アンメット ある脳外科医の日記の記事・ニュース・画像一覧

(64件)

■『アンメット ある脳外科医の日記』あらすじ
元脳外科医の子鹿ゆずる原作、大槻閑人作画の同名漫画を連続ドラマ化。主人公は「記憶障害の脳外科医」で、目の前の患者を全力で救いながら、自分自身も再生していく医療ヒューマンドラマ。

■『アンメット ある脳外科医の日記』放送情報
放送開始:2024年4月15日(月)
出演:杉咲花若葉竜也岡山天音生田絵梨花、山谷花純 尾崎匠海(INI)、中村里帆、安井順平、野呂佳代、千葉雄大、小市慢太郎、酒向芳、吉瀬美智子、井浦新
原作:子鹿ゆずる(原作)・大槻閑人(漫画)『アンメット-ある脳外科医の日記-』(講談社『モーニング』連載)
脚本:篠﨑絵里子
演出:Yuki Saito、本橋圭太
主題歌:あいみょん「会いに行くのに」

『アンメット』すべてが“光”だった最終話

『アンメット』が教えてくれた“ドラマを観ること”の醍醐味 すべてが“光”だった最終話

ドラマ『アンメット ある脳外科医の日記』(カンテレ・フジテレビ系)が最終話を迎えた。本当に丁寧に作られたことが見て取れる上質なド…

『アンメット』“信じて続けた”制作陣の凄さ

『アンメット』は台詞にはせずに“愛”を描き出した “信じて、続けた”制作陣の姿勢に拍手

「川内先生、わかりますか?」 「わかります」  目を覚ましたミヤビ(杉咲花)が、三瓶(若葉達也)の問いかけに答えて、『アンメ…

『アンメット』は生きる今日を肯定する

『アンメット』は生きる今日を肯定する 杉咲花、若葉竜也、井浦新らがつないだバトン

心が病んで傷ついた、その空白に光を灯すものがあるなら、それはあなたを大切に思う誰かの存在だとその物語は伝えていた。『アンメット …

『アンメット』ミヤビの手術に横たわる困難

『アンメット』“ミヤビ”杉咲花の手術に横たわる困難 脳の前頭葉が示す失われない絆

『アンメット ある脳外科医の日記』(カンテレ・フジテレビ系)第10話のタイトルは「あなたが灯してくれた光」。前話ラストで、ミヤビ…

『アンメット』杉咲花と若葉竜也、圧巻の対話

『アンメット』“大迫”井浦新の深い愛情 杉咲花と若葉竜也による長回しの対話シーンが圧巻

『アンメット ある脳外科医の日記』(カンテレ・フジテレビ系)第9話は、井浦新演じる大迫の本心が明らかになった。  綾野(岡…

『アンメット』岡山天音と生田絵梨花の純愛

『アンメット』不器用な二人の純愛を岡山天音と生田絵梨花が好演 医療の課題投げかける

丘陵セントラル病院へ救急搬送された初老の男性は見知った顔だった。『アンメット ある脳外科医の日記』(カンテレ・フジテレビ系)第8…

『アンメット』小市慢太郎の名演に涙

『アンメット』バイプレイヤー小市慢太郎の名演に涙 記憶を取り戻したミヤビの決断は?

『アンメット ある脳外科医の日記』(カンテレ・フジテレビ系)第7話は、嗅覚にまつわるエピソードだった。  なつかしい匂いに記憶…

『アンメット』タイトルに込められた願い

『アンメット』“ミヤビ”杉咲花の記憶障害の原因が判明 タイトルに込められた願い

『アンメット ある脳外科医の日記』(カンテレ・フジテレビ系)第6話では、ミヤビ(杉咲花)の記憶障害の原因に迫った。  てんかん…

『アンメット』野呂佳代、尾崎匠海らが語る

『アンメット』第5話に大反響 野呂佳代、山谷花純、尾崎匠海、中村里帆からコメント到着

毎週月曜22時よりカンテレ・フジテレビ系で放送中の月10ドラマ『アンメット ある脳外科医の日記』に出演している、野呂佳代、山谷花…

生田絵梨花、地上波連ドラ初主演で新境地へ

『アンメット』麻衣役ではお嬢様キャラを好演 生田絵梨花、地上波連ドラ初主演で新境地へ

ドイツで生まれ、幼少期からピアノやクラシックバレエに親しんできた生田絵梨花。清楚なイメージのある乃木坂46のなかでも、一段と上品…

『アンメット』杉咲花を支えたチームの絆

『アンメット』“ミヤビ”杉咲花を支えたチームの絆 “三瓶”若葉竜也の言葉を超えた献身

『アンメット ある脳外科医の日記』(カンテレ・フジテレビ系)は、記憶障害の脳外科医ミヤビ(杉咲花)の再生を描く。5月13日に放送…

『アンメット』が特別な作品となっている理由

『アンメット』が特別なドラマとなっている理由 “繋がり”を可視化していくリアリティ

上野大樹による「縫い目」が流れる『アンメット ある脳外科医の日記』(カンテレ・フジテレビ系列)のオープニングが印象的だ。書き綴っ…

『アンメット』井浦新が見せるダークな横顔

『アンメット』井浦新が見せるダークな横顔 杉咲花の治療をめぐって若葉竜也と敵対関係に

『アンメット ある脳外科医の日記』(カンテレ・フジテレビ系)第4話は、病院内外の対立が浮き彫りになった。  三瓶(若葉竜也…