『ガルクラ』『響け!ユーフォニアム』花田十輝が無双 2024年春アニメ総括&夏アニメ展望

2024年春アニメ総括&夏アニメ展望

 7月2日深夜に『忘却バッテリー』が最終回を迎えた辺りで、春アニメが一段落しました。個人的には2016年秋に次ぐレベルで傑作揃いだったクールのように感じましたが、読者のみなさんはいかがだったでしょうか。

 話数単位での面白かったエピソードは毎週更新の拙連載「神回・オブ・ザ・ウィーク」をご覧いただきたいですが、今回は春アニメ全体を通して感じたふたつの傾向について振り返ります。

“女性同士のギスギス”がトレンド?

 男女で分けてどうこう語るのも憚られるご時世ですが、それにしてもこの春は「女性同士のギスギス」話が多かった! パッと思いつくだけでも『ガールズバンドクライ』『ささやくように恋を唄う』『声優ラジオのウラオモテ』『響け!ユーフォニアム3』『夜のクラゲは泳げない』、捉え方によっては『終末トレインどこへいく?』や『まぁるい彼女と残念な彼氏』も射程に入るかもしれないし、映画では『トラペジウム』も話題になりました。

 もちろん内容はそれぞれで『ガールズバンドクライ』や『トラペジウム』なんかは「女性同士というより主人公が一方的にギスってるだけじゃない?」と感じたりもするのですが、それにしても湿度が高かった。しかも、そんなクールにカードゲーム『WIXOSS-ウィクロス-』の10周年プロジェクトのアニメPVが公開されるとは……。

【アニメPV】「selector loth WIXOSS」【WIXOSS10周年】

 そのおかげで、女の子がたくさん出てくるのにまったくギスギスしない『ゆるキャン△』や『ワンルーム、日当たり普通、天使つき。』、そして『アイドルマスター シャイニーカラーズ』がとても価値のあるものに感じたほどです。

 これが「少し前に多かった日常系へのカウンター」とか「過去に流行った◯◯のフォロワー」とか断言できればいいのですが決定的な理由は不明。ギスギスを経たほうが美味しくなるのかなあ……などと思ったりするのですが。とは言えこの1年を少し振り返るだけでも『BanG Dream! It's MyGO!!!!!』や『星屑テレパス』などもあったように、春クールだけでなくしばらく続く流れなのでしょう。

 ちなみにここまでに触れたうち、終始エモーショナルだったオリジナル作品『ガールズバンドクライ』や原作から見事な改変を行った『響け!ユーフォニアム3』のシリーズ構成&全話脚本を務めたのが花田十輝さん。映画『数分間のエールを』と合わせて、今クールの無双ぶりがとても印象的で……と思ったら、そもそも2024年がものすごい仕事量のようです。

関連記事

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「アニメシーン分析」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる