伊藤健太郎、“汚れ役”が持ち味の俳優に 好青年から悪役まで二面性の見事な演じ分け

伊藤健太郎、“汚れ役”が持ち味の俳優に

 森本慎太郎(SixTONES)が主演を務める日本テレビ系土ドラ10『街並み照らすヤツら』で、ひときわ異彩を放つ俳優がいる。伊藤健太郎だ。

 6月15日に放送された第8話。警察に偽装強盗がバレないよう奔走中の竹野正義(森本慎太郎)は、同じく悪事に手を染めてしまったシャッター商店街のみんなを守るために、誰も捕まらず、警察にも納得してもらえる落としどころを探っていた。

 そんななか、嫌われ者だった商店会の会長・大村一郎(船越英一郎)から、街のことや、商店街のみんなのことが好きで、息子のために何かしてやりたかった、と本音を聞かされる。

 正義は彼の息子であり、仲が良かった同級生・大村光一(伊藤健太郎)と久しぶりに再会。対話を試みるが、彼に父の想いは届いていなかった。「俺はな、親父のことも、この街の住民も、全員嫌いだね」と暴言を吐く光一。彼の心の中には“恨み”という感情が張り付いているのだ。

 保険会社と結託して街の再開発を計画している光一は、商店街をつぶそうと暗躍している。第3話で登場してからずっと不気味で不思議なオーラをまとっていたし、彼を見ていると、私たちの知らない裏で大きな悪事を企んでいるのではないか、と胸がザワザワする……。最終話で、光一がじつはいい人だった、または改心してくれる展開を望むばかりだ。

 光一は、名前に反して目に光がなく、人の温かさすら感じない瞬間が多々ある。伊藤がそんな光一にとにかくハマっている。

 伊藤は2014年に俳優デビュー。2018年に日本テレビでドラマ化、2020年に映画化された『今日から俺は!!』の伊藤真司役、NHK連続テレビ小説『スカーレット』(2019年度後期)の川原武志役などでブレイクした。その後も、ドラマ、映画はもちろん、ラジオ『オールナイトニッポン0(ZERO)』でパーソナリティーを務め、多くのファンを獲得した。

 2020年に事故を起こしたあと活動を中断していたが、2022年に公開された阪本順治監督の映画『冬薔薇』で映画復帰。それまで演じてきた役のイメージが覆るような、ろくでなしの中途半端な男・渡口淳を演じた。「演技がうまい」と言ってしまえば簡単なのだが、舞台となった街に、淳がいるような……そんな物語になじむ演技を見せた。

関連記事

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「アクター分析」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる