『虎に翼』の核となる尾野真千子の“語り” 伊藤沙莉の演技をさらに際立たせる秀逸な声色

尾野真千子の語りが『虎に翼』の核に

 NHK連続テレビ小説『虎に翼』第2週「女三人寄ればかしましい?」が放送された。邁進する寅子の逞しさと、演じる伊藤沙莉の愛嬌あふれる芝居が魅力的な本作において、さらに視聴者を虜にしたのが尾野真千子の「語り」の力だろう。

 
 連続ドラマのスタート時には状況を視聴者に分かりやすく伝えるため、あえてナレーションを多めに入れることがある。かつて伊藤沙莉がナレーションを務めたドラマ『大豆田とわ子と三人の元夫』(カンテレ・フジテレビ系)もそうだが、今回の朝ドラ『虎に翼』の第1週もまさにその傾向にあったように思う。加えて尾野があてる特徴的なナレーションは多くの視聴者の心を揺さぶっている。

 実は尾野自身も朝ドラの主演を務めたことがあり、まさに伊藤にとっては朝ドラヒロインの“大先輩”に当たる。この時、尾野が小原糸子役を演じた『カーネーション』は、「第49回ギャラクシー賞」でテレビ部門の大賞を筆頭に様々な賞を受賞。尾野自身も「国際ドラマフェスティバル in TOKYO 東京ドラマアウォード2012」の主演女優賞、「第21回橋田賞」の新人賞を受賞するなどして非常に高い評価を得た。

尾野真千子、朝ドラ『虎に翼』語りを担当 「楽しく声を言葉を伝えて参ります!」

伊藤沙莉が主演を務めるNHK連続テレビ小説第110作『虎に翼』の語りを尾野真千子が担当することが発表された。  2024年度前…

 そんな尾野のナレーションはストーリーの補足に留まらず、時に寅子が感じる怒りや疑問、モヤモヤとした感情を一人称の立ち位置から力強く代弁しており、強い臨場感を持つ。第2話において女性たちがすまして過ごしている姿に寅子がモヤモヤすれば「スンッ。スンッ」という効果音のような声が。また、大学の夜間部に弁当を届けに行ってバッタリ穂高(小林薫)に出くわした際には「これは……、多分、偉い感じの人だ。それで、偉い感じの人に怒られるやつだ!」という寅子の焦りの心情がナレーションにあてられた。

関連記事

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「アクター分析」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる