『ブギウギ』第23週は小野美音の“名演オンパレード”に 響き渡る愛子の叫びのリアルさ

『ブギウギ』小野美音の名演オンパレード

 羽鳥善一(草彅剛)の妻・麻里(市川実和子)の後押しもあって、アメリカ行きを決断したスズ子(趣里)だったが、まだ幼い愛子(小野美音)はぐずってしまう。『ブギウギ』(NHK総合)第108話では、いよいよスズ子がアメリカへと飛び立つ。

 スズ子のアメリカ行きに先立って、日本では「福来スズ子お見送りショー!」が開催された。楽屋で身支度をしていたスズ子のもとに、おミネ(田中麗奈)たちが大きなバラの花束をもってやってくる。おミネを筆頭に各々が関係のあったアメリカ人への思いを語り、一気に華やかになる楽屋。おそらく新マネージャーの柴本タケシ(三浦獠太)にとっては初めてのパンパンガールとの対面だったはずで、終始とまどいの表情を見せながら会話を見守っていた。

 そして始まったスズ子の渡米記念公演。そこには渡米前のスズ子を一目見ようと多くの観客が駆けつけた。スズ子が「この度ご縁があってアメリカに出稼ぎに……」と関西人らしいノリで会場を盛り上げる中で、一人浮かない表情をしていたのが愛子。「東京ブギウギ」が披露されると、観客は総立ちで前に乗り出し、まるでダンスフロアのような盛り上がりを見せていた。これまで披露してきた「東京ブギウギ」の中でも、スズ子の決意がにじみ出ていたステージングだったように思う。

『ブギウギ』日帝劇場・舞台にて。アメリカへ渡る自身のお見送りショーを開く福来スズ子(趣里)

 そして印象的だったのはスズ子と愛子の対照的な描かれ方だ。いつものように“ブギの女王”として圧巻の歌唱を見せるスズ子に対して、愛子はずっと寂しそうにスズ子を見つめていた。大勢の観客に見守られながら歌う母親の姿は愛子にはどう映っていたのだろうか。きっと母親のステージを楽しめる余裕は愛子にはなかったはずだ。やっぱり母親と離れるのは辛い。

関連記事

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「国内ドラマシーン分析」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる