幸澤沙良が“女子高生弁護士=JKB”に 4月期金曜ナイトドラマ『JKと六法全書』放送決定

幸澤沙良主演『JKと六法全書』放送決定

 幸澤沙良が主演を務める連続ドラマ『JKと六法全書』が、4月期のテレビ朝日系金曜ナイトドラマ枠で放送されることが決定した。

 本作は、現役女子高生にして弁護士=JKBの主人公が、法廷で、学校で、旋風を巻き起こしていく法曹×学園のハイブリッドドラマ。

 脚本を手がけるのは、日本アカデミー優秀脚本賞をはじめ数々の賞を受賞した『金融腐蝕列島・呪縛』の鈴木智と、刑事事件を担当する現役の弁護士で脚本家でもある柏谷周希のコンビ。

 2022年にオーディション番組『TBSスター育成プロジェクト 私が女優になる日_』(TBS系)で約5500人の中からグランプリに輝き、同年『差出人は、誰ですか?』(TBS系)でドラマ初出演にして初主演を飾った幸澤が主演を務める。

 主人公・桜木みやびは、弁護士の祖父から英才教育を受け、超難関と言われる司法試験に史上最年少で一発合格した女子高生弁護士。「失敗してもあんまり落ち込みすぎないところは自分と結構似てるな」という印象を受けたと語る幸澤。「みやびはすべてにおいて熱量が高い子で、見ていて応援したくなるような愛されキャラなので、視聴者の皆さんにそれが伝わるよう頑張ります!」と意気込みを語った。

 物語は、青森で弁護士の祖父と暮らしていたみやびが、祖父との約束をはたしたことで東京の法律事務所で所長を務める祖母の下で見習いの新人弁護士として働くことを許可され、上京するところから始まる。いよいよ本格的に弁護士としてスタートを切るみやびだが、天真爛漫で気が強いために、先輩弁護士とぶつかることも。さらに、法律関係以外はまったく普通の子で、ややポンコツな一面も覗かせ、まだまだ一人前とは言い難いが、人情に厚く真っ直ぐな性格で、法廷で大人たちを相手に熱く正論を叩きつける。

 その一方で、上京と同時に都内の高校に転入して、弁護士の肩書を隠して新しい学校生活もスタート。田舎と東京のギャップに最初は学校に馴染めないが、誘われた「法律研究会」への入部をきっかけに周りと打ち解けていき、やがて学校でも弁護士としての相談を受けるように。そんなみやびが法廷と学校で奮闘しながら、弁護士として突き進んでいく姿が描かれる。

 2月23日放送の『おっさんずラブ‐リターンズ‐』(テレビ朝日系)内では、本作のティザー映像が初公開される。

幸澤沙良(桜木みやび役) コメント

出演のお話をいただいた時、本当にうれしかったです! 弁護士というちゃんとした職業のある役は初めてなので、自分に務まるのか、という不安もありますが、今はすごくワクワクしています。
法曹ドラマなど、事件が解決されていくドラマが元々好きですが、女子高生が弁護士として法廷に立つ、というのは今までにないので、凄く新鮮でしたし、これが映像になったらどんな風になるだろう、と想像しながら脚本を読みました。
(ティザー撮影を終えてみて)なんか変な感じですよね(笑) 女子高生がセーラー服で、弁護士バッジを付けて法廷にいる、というのは今まで見たことのない光景なので、今自分ができていると思うと、凄く嬉しかったです。
私が演じる主人公の桜木みやびは、すべてにおいて熱量が高い子で、見ていて応援したくなるような愛されキャラなので、視聴者の皆さんにそれが伝わるよう頑張ります!
私とみやびの元の性格はあまり似ていないのかな、と。ただ、失敗してもあまり落ち込みすぎないところは結構似ているかな、と思います。 みやびは立ち直りが早いですが、私も「何とかなる」と思うタイプなんです。
楽しみでも、不安でもあるのが、“法廷での長ゼリフ”。今までで一番長く、自分にとっては“挑戦”でもあります。やり切れるか不安ですが、成長できる機会でもあるので、楽しみです!
法曹ドラマかつ学園ドラマですので、学生の方から大人の方まで、本当に幅広い年代の方に楽しんでいただけるドラマだと思います! 皆様ぜひご覧ください!

■放送情報
『JKと六法全書』
テレビ朝日系にて、4月スタート 毎週金曜23:15〜0:15放送
出演:幸澤沙良ほか
脚本:鈴木智、柏谷周希
音楽: 日向萌
演出:大谷健太郎、木内健人
エグゼクティブプロデューサー:内山聖子(テレビ朝日)
プロデューサー:飯田サヤカ(テレビ朝日)、下山潤(ノックアウト)
協力プロデューサー:有重陽一(日活)
制作協力:ノックアウト
制作:テレビ朝日

関連記事

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「国内ドラマ情報」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる