香港映画歴代興行収入No.1 ダヨ・ウォン主演『毒舌弁護人~正義への戦い~』10月20日公開

ダヨ・ウォン主演『毒舌弁護人』10月公開

 香港映画『A Guilty Conscience(英題)』が、『毒舌弁護人~正義への戦い~』の邦題で10月20日よりシネマート新宿ほかにて全国順次ロードショーされることが決定した。

 香港で2023年の旧正月に合わせて公開された本作は、香港映画史上初の1億香港ドル(約17億円※2)を突破し、最終的に1.21億香港ドル(約22億円 ※2023年6月16日時点)を記録、香港映画の歴代興行収入を更新(※2023年9月1日時点)。正義が失われた法廷で、人々のために、香港のために、必死に戦う、“毒舌弁護人”の活躍を描く。

 五十代の治安判事ラム・リョンソイは、新しい上司の気分を害したことで、職を失ってしまった。友人の勧めもあり、法廷弁護士として復活したラムがはじめて手がけた事件は、複雑には見えない児童虐待事件であったが、事件は予想外の展開を見せ……。ラム・リョンソイとパートナーの若い女性法廷弁護士のフォン・カークワンは、大きな権力闘争に巻き込まれていく。

 監督・脚本を務めたのは、香港のアカデミー賞と呼ばれる香港電影金像奨に過去4度ノミネートされているジャック・ン。ジャック・ンは、香港映画のヒットメーカーであるダンテ・ラム監督作品の脚本を何作も担当し、2021年にはリョン・ロクマン監督の『アニタ』の脚本を手がけた。本作はジャック・ンの監督デビュー作となる。『6人の食卓』などのダヨ・ウォンが、ラム・リョンソイ役で主演を務めた。

 あわせて公開されたポスタービジュアルには、ダヨ・ウォン演じる“毒舌弁護人”ラム・リョンソイの姿が描かれている。

 なお本作は、楽天グループ株式会社が国内外でIP(知的財産権)を包括的にプロデュースするために設立したコンテンツレーベル「Rakuten Content Central」(楽天コンテンツセントラル)によって配給される。

■公開情報
『毒舌弁護人~正義への戦い~』
10月20日(金)よりシネマート新宿ほか全国順次ロードショー
出演:ダヨ・ウォン、ツェ・クワンホー、ルイーズ・ウォン、フィッシュ・リウ、マイケル・ウォン、ホー・カイワ
監督・脚本 : ジャック・ン
撮影監督 : アンソニー・プン
製作: ビル・コン、アイヴィ・ホー
配給:楽天
配給協力:シネメディア
宣伝協力:活弁シネマ俱楽部
2023年/香港/カラー/シネスコ/133分/5.1ch/原題:毒舌大狀/英題:A Guilty Conscience/日本語字幕:鈴木真理子
©︎2022 Edko Films Limited, Irresistible Beta Limited, the Government of the Hong Kong Special Administrative Region.  All Rights Reserved.
公式サイト:https://r10.to/HP_DokuzetsuRmovie
公式X(旧Twitter):@DokuzetsuRmovie

関連記事

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「映画情報」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる