『ハヤブサ消防団』撮影現場を原作者・池井戸潤が訪問 中村倫也、満島真之介らを激励

『ハヤブサ消防団』池井戸潤が現場訪問

 7月13日よりテレビ朝日系で放送がスタートする中村倫也主演の木曜ドラマ『ハヤブサ消防団』の撮影現場を原作者の池井戸潤が訪問した。

 本作は、『半沢直樹』『下町ロケット』『陸王』など数々のヒット作を世に送り出してきた池井戸の同名小説をドラマ化した、山間の小さな集落が舞台のホラーミステリー。

 物語は、スランプ気味の作家・三馬太郎(中村倫也)が亡き父の故郷、山間の“ハヤブサ地区”に移住するところからはじまる。都会のストレスから解放され、穏やかな生活が送れるかと思いきや、地元の消防団に加入したのを機に太郎は連続放火騒動に巻き込まれ、さらには住民の不審死など怪事件に遭遇。真相を探りはじめた太郎の前に浮かび上がるのは、集落の奥底にうごめく巨大な陰謀だった。

 池井戸が訪問したのは、ハヤブサ地区唯一の居酒屋“△(さんかく)”のセットが組まれた都内スタジオ。居酒屋△は、太郎が消防団に勧誘される場所であり、疑惑のヒロイン・立木彩(川口春奈)と再会を果たす店で、数々の重要シーンの舞台となっている。居酒屋セットに足を踏み入れた池井戸は、「意外に大きいですね。原作ではもっとこじんまりとした居酒屋のイメージでした」と驚きながら、架空の銘酒ラベルが貼られたカウンターや柱など、セットを観察した。

 また、当日は主人公・太郎をはじめ、藤本勘介(満島真之介)、徳田省吾(岡部たかし)、森野洋輔(梶原善)、宮原郁夫(橋本じゅん)、山原賢作(生瀬勝久)ら消防団メンバーが、東京から訪れた編集者・中山田洋(山本耕史)を交えて盛り上がる宴会シーンの撮影が行われており、池井戸は撮影の様子をじっくり見学した。

 撮影終了後、今回の訪問を記念して消防団の法被を贈呈された池井戸は、さっそく着用。出演者たちから「先生、撮影をご覧になられていかがでしたか?」など質問攻めにあいながら、にぎやかに集合写真を撮影した。

 スタジオ訪問を終えた池井戸は「みなさん、酔っぱらいの演技が板についていましたし、飲み会のテンションが高すぎて、あの輪の中にはなかなか入れないなと思うほど濃い雰囲気でした(笑)」とキャスト陣の演技を絶賛。また、「みなさんとても仲が良く、芝居ではなく普通に盛り上がっていて、“なんなの、この面白い現場は!”と驚きました。カメラが回っていないときも消防団の団結力をしっかり感じることができ、とてもいいチームだなと思いましたね」と和やかなムードを讃えた。

 主演・中村の演技にも「雰囲気が出ていてとても素晴らしかったですね。太郎はデビュー5年の作家という設定ですが、その時期は作家なら誰もが苦しむものですので、彼の葛藤を中村さんがどう表現してくださるのか楽しみ」と改めて期待を寄せたほか、「山奥の滝のシーンや山中で迷う場面、消火シーンなど、おそらくキャスト、スタッフのみなさんは“決死のロケ”に挑んでいるはずです。迫力あふれる映像を楽しみにしています」と現場にエールを送った。

池井戸潤 コメント

居酒屋シーンの撮影を見学した感想

まるで本物の居酒屋のようでしたね。まずセットが素晴らしく、あれほど立派なものは想定していなかったので大変、驚きました。スゴイものを組んでくださったなと感心しました。
また、キャストのみなさんは酔っぱらいの演技が板についていましたし、飲み会のテンションが高すぎて、あの輪の中にはなかなか入れないなと思うほど濃い雰囲気でした(笑)。しかも、みなさんとても仲が良く、芝居ではなく普通に盛り上がっていて、「なんなの、この面白い現場は!」と驚きました。カメラが回っていないときも消防団の団結力をしっかり感じられる、とてもいいチームだなと思いましたね。

中村倫也の演技について

雰囲気が出ていて、とても素晴らしかったですね。とにかく、セリフ回しも演技もうまい。小さなモニター越しでも感じるものがあったので、大画面のテレビで拝見したらもっとグッとくるだろうと思いました。
太郎はデビュー5年の作家という設定ですが、その時期は作家なら誰もが苦しむものですので、彼の葛藤を中村さんがどう表現してくださるのか、昔を苦々しく思い出しながら楽しみたいと思っています。

キャストへのメッセージ

今回はスタジオにうかがいましたが、山奥の滝のシーンや山中で迷う場面など、おそらくキャスト、スタッフのみなさんは“決死のロケ”に挑んでいるはずです。また、消火シーンでは走りながら重いポンプなどを運ばなければなりません。キャストのみなさんは体力がおありだと思いますが、栄養ドリンクなど飲みながら頑張って乗り切っていただきたいですね。迫力あふれる映像を楽しみにしています。

視聴者へのメッセージ

まだ脚本をすべて拝読していませんので結末がどうなるのかわかりませんが、小説とは少しずつストーリーが違っています。“こう来るか!”という映像作品ならではのオリジナル部分や人間ドラマもあり、小説をすでに読まれた方も新鮮な気持ちで楽しんでいただける連続ドラマになっています。もちろん、私自身もオンエアを楽しみにしています。そして、ドラマをご覧になったら、映像とはまた異なる私の原作小説を手に取っていただけたらうれしいですね。

■放送情報
『ハヤブサ消防団』
テレビ朝日系にて、7月13日(木)スタート 毎週木曜21:00~21:54放送
※初回は拡大スペシャル(21:00~22:00放送)
出演:中村倫也、川口春奈、満島真之介、古川雄大、岡部たかし、梶原善、橋本じゅん、山本耕史、生瀬勝久、麿赤兒、村岡希美、小林涼子、金田明夫、大和田獏
原作:池井戸潤『ハヤブサ消防団』(集英社)
脚本:香坂隆史
演出:常廣丈太(テレビ朝日)、山本大輔(アズバーズ)ほか
ゼネラルプロデューサー:三輪祐見子(テレビ朝日)
プロデューサー:飯田サヤカ(テレビ朝日)、木曽貴美子(MMJ)、小路美智子(MMJ)
制作協力:MMJ
制作著作:テレビ朝日
©テレビ朝日

関連記事

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「国内ドラマ情報」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる