椎名桔平主演『連続ドラマW 事件』に北香那、望月歩、仁村紗和ら出演 特報&ポスターも

『連続ドラマW 事件』に北香那、望月歩ら

 WOWOWにて8月13日より放送・配信がスタートする椎名桔平主演の『連続ドラマW 事件』のオールキャストが発表され、あわせて特報映像とポスタービジュアルが公開された。

 本作は、1978年に第31回日本推理作家協会賞を受賞した大岡昇平の裁判小説『事件』を連続ドラマ化する法廷サスペンス。1978年製作の映画版では、丹波哲郎、永島敏行、松坂慶子、大竹しのぶ、渡瀬恒彦らが共演し、数々の映画賞を受賞した。今回のWOWOWドラマ版では、舞台を昭和から令和に移し、当時未導入の裁判員裁判制度での心理戦を描写する。監督を務めるのは、『連続ドラマW インフルエンス』『連続ドラマW 絶叫』などの水田成英。

 すでに発表されている主人公・菊地大三郎役の椎名に加え、北香那、望月歩、秋田汐梨、高橋侃、ふせえり、貴島明日香、中村シユン、仁村紗和、入山法子、堀部圭亮、いしのようこ、 永島敏行、髙嶋政宏の出演が発表された。

 北が演じるのは、事件の被害者で、地元で小さなスナックを経営していた坂井葉津子。望月は、交際相手の姉で幼なじみの葉津子の殺害容疑で逮捕され、裁判員裁判にかけられる上田宏を演じる。

 秋田が演じるのは、葉津子の妹で宏の交際相手・坂井佳江。高橋は、歌舞伎町で出会った葉津子に付きまとい、彼女の店に出入りする宮内辰哉役に。ふせが演じるのは、菊地が所属する高橋・坪田法律事務所の共同経営者で、菊地と高橋の理解者である坪田真紀子。貴島は、同事務所のクラークで、自身も法律家を目指して前向きに仕事にあたっている大崎志那子を演じる。

 中村が演じるのは、地元の建築会社の経営者で、葉津子の遺体の第一発見者・大村吾一。仁村が演じるのは、宮内の現在の交際相手で、裁判の流れを大きく左右する重要な情報を持っている桜井京子。入山が演じるのは、菊地と真っ向から対決する神奈川地検屈指のエース検事・岡部梢乃。

 また、地元の市議会議員を務める宏の父親・上田喜平役で堀部、葉津子と佳江を女手ひとつで育てた母親・坂井すみ江役でいしの、本事件の裁判長を務める谷本一夫役で永島、高橋・坪田法律事務所の代表で、菊地とは大学時代からの親友で最大の理解者でもある高橋茂樹役で髙嶋が出演する。

「連続ドラマW 事件」特報映像

 あわせて公開された特報映像では、主演の椎名をはじめ、今回発表された13人のキャストの姿が確認できる。ポスターは、真っ直ぐ前を見据えながら、左右に真実の扉を開く菊地の表情が印象的なデザインとなっている。

■放送・配信情報
『連続ドラマW 事件』
WOWOWにて、8月13日(日)スタート 毎週日曜22:00〜放送・配信(全4話)
出演:椎名桔平、北香那、望月歩、秋田汐梨、高橋侃、ふせえり、貴島明日香、中村シユン、仁村紗和、入山法子、堀部圭亮、いしのようこ、 永島敏行、髙嶋政宏ほか
原作:大岡昇平『事件』(創元推理文庫刊)
監督:水田成英
脚本:三田俊之、保木本真也
音楽:横山克
企画・プロデュース:大木綾子
プロデューサー:大原康明、大瀬花恵
制作協力:FCC
製作著作:WOWOW

関連記事

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「国内ドラマ情報」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる