「没後60年 ジャン・コクトー映画祭」12月30日より開催決定 『オルフェ』ほか4作品上映

「ジャン・コクトー映画祭」12月開催決定

 2023年に没後60年を迎えるフランス人アーティスト、ジャン・コクトー。12月30日より「没後60年 ジャン・コクトー映画祭」と題して、YEBISU GARDEN CINEMAにて特集上映が行われることが決定した。

 詩人、小説家、劇作家、画家、役者、映画監督など、その多彩な活動から「芸術のデパート」と呼ばれたコクトー。1889年にパリに生まれ、若い頃からジャンルの垣根を飛び越えて精力的に創作を行ってきた。日本では小説や詩が堀口大學に訳され、三島由紀夫や堀辰雄、寺山修司や澁澤龍彦と多くの作家たちに影響を与えた。

 上映作品には、コクトーが初めて手がけた映画『詩人の血』、友人関係にあった映画監督のロベール・ブレッソンの初期作品で、コクトーが台詞監修として参加した『ブローニュの森の貴婦人たち』、大人のための御伽噺として作られた『美女と野獣』、ギリシャ神話を下敷きにした『オルフェ』が選出された。その中の『詩人の血』と『美女と野獣』は、初の4Kデジタルリマスター版で上映される。

 また、特集上映の開催を記念して、映画評論家の山田宏一がコメントを寄せた。

山田宏一(映画評論家) コメント

ヌーヴェル・ヴァーグ(新しい波)とよばれたフランスの若い世代の映画作家たちはジャン・コクトーの自由奔放なインスピレーションに刺激され、敬意を表した。ジャン=リュック・ゴダールは『勝手にしやがれ』でデビューする直前に撮った短篇映画『シャルロットとジュール』をジャン・コクトーに捧げた。ジャック・ドゥミは心からの敬意をこめて『美女と野獣』のリメークとも言えるオトギの国の物語、『ロバと王女』を撮った。フランソワ・トリュフォーは『大人は判ってくれない』のヒットで得た収益の一部をジャン・コクトーの遺作になった『オルフェの遺言』の製作に注ぎ込み、『緑色の部屋』の「死者たちの祭壇」の中央にジャン・コクトーの遺影を飾った。ジャン・コクトーもまた、『オルフェの遺言』をヌーヴェル・ヴァーグへの最後の挨拶、自らの「告別」の映画として撮り上げたのであった。心ときめく映画史の響宴に立ち会えるジャン・コクトー映画祭だ。

20221128_JeanCocteau_01
20221128_JeanCocteau_03
20221128_JeanCocteau_04
20221128_JeanCocteau_05
20221128_JeanCocteau_06
20221128_JeanCocteau_07
20221128_JeanCocteau_08
previous arrow
next arrow
 
20221128_JeanCocteau_01
20221128_JeanCocteau_03
20221128_JeanCocteau_04
20221128_JeanCocteau_05
20221128_JeanCocteau_06
20221128_JeanCocteau_07
20221128_JeanCocteau_08
previous arrow
next arrow

■公開情報
「没後60年 ジャン・コクトー映画祭」
12月30日(金)よりYEBISU GAEDEN CINEMAほか全国順次ロードショー
配給:マーメイドフィルム、コピアポア・フィルム

<上映作品>
『詩人の血 4K デジタルリマスター版』
1932年/フランス/モノクロ
©︎1930 STUDIOCANAL

『ブローニュの森の貴婦人たち デジタルリマスター版』
出演:ポール・ベルナール、マリア・カザレス、エリナ・ラブルデット
1944年/フランス/モノクロ
© 1945 TF1 Droits Audiovisuels

『美女と野獣 4K デジタルリマスター版』
出演:ジャン・マレー、ジョゼット・デイ、ミラ・パレリ
1946年/フランス/モノクロ
©︎ 1946 SNC (GROUPE M6)/Comité Cocteau

『オルフェ デジタルリマスター版』
出演:ジャン・マレー、フランソワ・ペリエ、マリア・カザレス、マリー・ディア
1950年/フランス/モノクロ
© 1950 SND (Groupe M6)

関連記事

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「映画情報」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる