清野菜名と松坂桃李が作品の魅力を語るインタビューも 『耳をすませば』幕間映像公開

 10月14日に公開される清野菜名と松坂桃李のW主演映画『耳をすませば』の幕間映像が公開された。

 1995年にスタジオジブリによってアニメ映画化され大ヒットを記録した、柊あおいによる青春恋愛漫画を、『ROOKIES 卒業』『記憶屋 あなたを忘れない』の平川雄一朗監督が実写映画化する本作。漫画・アニメ映画で描かれた中学生時代の物語はもちろん、完全オリジナルストーリーの10年後の物語が加わった。大人になった月島雫を清野、天沢聖司を松坂がW主演で演じ、中学生時代の2人には安原琉那と中川翼が抜擢された。

 公開された幕間映像は、W主演の清野と松坂がそれぞれ、本作の魅力を語っているインタビュー映像と、懐かしさを感じる本編映像を組み合わせた構成となっている。

 映像は、検索エンジンに「#10年後のふたり #耳をすませば」の文字が入力され、searchボタンがクリックされるところから始まる。まず、中学生時代の雫と聖司の姿が映し出される。夏休みに学校の図書室を訪れる本が大好きな雫や、明け方に“あの丘”を目指し自転車に2人でまたがる印象的なシーンも。10年後の雫を演じた清野が「中学生時代の青春というか甘酸っぱさがすごく繊細に表れている作品」とコメントし、続く松坂は「子供時代と大人時代の両方並行して物語が進んでいくところが魅力」とコメントしている。

映画『耳をすませば』特別映像【10.14 ROADSHOW】

 さらに、図書カードに“天沢聖司”の名前を見つけた雫(安原琉那)が「天沢聖司ってどんな人なんだろう」と呟くシーンや、雫に「好きな人いる︖」と問いかける夕子(住友沙来)など、名シーンの映像も公開。また、「俺たちはずっと友達だからな」と話す大人になった杉村(山田裕貴)と夕子(内田理央)、雫の映像や、猫の人形・バロンへ「久しぶり」と語りかける大人になった雫、松坂演じる大人になった聖司の「雫は僕の太陽みたいな人です。だからこそ雫には夢を諦めてほしくない」という気になるセリフも公開となった。最後は、「だから一緒に頑張ろう」と指切りをして将来の約束をする中学生の雫と聖司の姿が映し出される。

■公開情報
『耳をすませば』
10月14日(金)公開
原作:柊あおい『耳をすませば』(集英社文庫<コミック版>刊)
出演:清野菜名、松坂桃李、山田裕貴、内田理央、安原琉那、中川翼、荒木飛羽、住友沙来、音尾琢真、松本まりか、中田圭祐、小林隆、森口瑤子、田中圭、近藤正臣
監督・脚本:平川雄一朗
主題歌:「翼をください」杏(ソニー・ミュージックレーベルズ)
配給:ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント/松竹
©︎柊あおい/集英社©︎ 2022『耳をすませば』製作委員会
公式サイト:https://movies.shochiku.co.jp/mimisuma-movie/
公式Twitter:https://twitter.com/mimisuma_movie
公式Instagram:https://www.instagram.com/mimisuma_movie/

関連記事

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「映画情報」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる