『ちむどんどん』和彦の煮え切らない態度に“わじわじ” 恋愛面での鈍感さは暢子といい勝負

『ちむどんどん』和彦の態度に“わじわじ”

 ヒロイン・暢子(黒島結菜)がようやく和彦(宮沢氷魚)への特別な感情ーー恋愛感情を意識し始めた『ちむどんどん』(NHK総合)。

 どうやらそれは暢子の一方通行ではないようだ。普段は落ち着いている和彦も、暢子と彼女へのアプローチを本格化させた智(前田公輝)とのやりとりが気になって仕方ない様子。智からのデートのお誘いにワンピースを着てオシャレして臨む暢子に対して「ドキッとした。あんな暢子初めて見たから」と感想を漏らす。その相手が自分ではなく智だったことに対してなのか、どこか悔しそうな表情も覗かせた。

ちむどんどん第58話

 新聞社の同僚で恋人の愛(飯豊まりえ)でさえ、智から暢子への好意に気がついていたのに、全くそれを感知していなかった和彦の鈍感ぶりは暢子といい勝負だろう。恋愛面以外では“似た者同士”というわけでもない暢子と和彦だが、こと恋愛になると鈍感で頑固者同士の2人は、まるで同じ極同士の磁石のように反発し合いなかなか厄介だ。

 和彦は愛の両親が進める2人の縁談に待ったはかけられない。にもかかわらず、そんな自分のことは棚に上げて、智からのアプローチに対してはっきりNOを突きつけず、何とか話を逸らしその場から逃げようとする暢子の態度にどこかイライラを募らせているようでもある。自分が変わるのはいいが、暢子が変わってしまうのは受け入れられない、「それとこれとは話が別」というような、本人に自覚はなくとも都合の良い立ち振る舞いがここのところ目立つ。

 可哀想なのは、“お察し力”の高い愛だ。結婚話が進んでいる中、肝心の和彦がどこか上の空で、暢子のことになるといきなりムキになり、いつもの和彦の顔ではなくなる。悪気なく自分勝手さを発揮している和彦に愛こそ“わじわじ”させられ、完全に心かき乱され振り回されている。



関連記事

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「国内ドラマシーン分析」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる